アオシマ1/24 セルシオ 4

梅雨空になってきました。

例年だと、今週末あたりが東京では梅雨入りになるのですが、今年はどうなるのでしょう。
雨は嫌だけれど、空梅雨も嫌ですね。(我が儘)

さて、ウレタンクリアー吹きはその湿気との競争でしたが、何とか4回目で納得して吹き終えることが出来ました。
これから完全乾燥するまで「放置プレイ」します。
画像


ボディーを放置している間に足回りを組んでいきます。
フロント、リア共に「ダブルウィッシュボーン」のサスペンションです。
車高やキャンバー角がスプリングの締め・緩めで自由に設定できる作りになっています。

キャンバー調整用スプリング
画像


車高調整用スプリング
画像

F・Rの各セクションは、スプリングを飛ばしてしまわないように組むのが厄介でした。
組み上がると、結構シッカリしています。

サスをシャーシに組んでいきます。
これも、スプリングを飛ばさないように気を付けました。
画像

前後共に、内側のネジが車高調、外側がキャンバー調用です。

ノーマルに近い状態だと思います。
画像

シャーシが反っくり返って見えるのは気のせいです。

ブレーキは何と「ブレンボ」が奢られています。
なので、キャリパーを指定通り「ゴールド」っぽくしてみました。
画像

画像


足回りが形になったので、室内の作業に移ります。
フロントシートの背面には「アシストグリップ」が付いているのですが、溝は深いものの貫通していなくて、帯が張り付いているように見えます。
画像


掘ってしまいました。
画像

貫通していないように見えますが、ちゃんと抜けてます。

ヘッドレストを組んでいくと中に落ち込んでしまうので、プラ棒でストッパーをかましておきました。
画像


シート前後を組んでも、両脇が絞り込まれていて豪華なシートには見えないので、エポパテを盛りつけてみました。
画像

しかし、プラに「油脂分」が付いていたのか何なのか定かではありませんが、整形中に取れてしまいますた。
ショックで写真忘れました。

仕方がないのでラッカーパテで代用しました。
盛りつけが十分に出来ないのですが、キットのままよりは良くなりました。(組んじゃえば見えないのですが)
画像


ヘッドレスト裏側の大きな隙間にもパテを詰め込んで整形。
画像

ヘッドレストはシート背面と面一だったので、切れ込みを入れて別体に見えるようにしておきました。

疲れたので、ここまでね。

では。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

black?
2019年06月06日 08:18
日の丸航空隊さん、おはようございます。

1年前は、梅雨なんか気にしませんでしたが、
今年は、梅雨が気になるレベルになりました(笑)。

エポパテ・・・・・・(泣)。
お疲れさまでございます。。。

へぇーーっ!
組みに難儀されたようですが、
スプリングで調整できるなんて面白いですね!
ABSさんにもってこいの機能かも(笑)。
オートビルダーS
2019年06月06日 08:25
おはようございます。
内装もいろいろ手を加えるところがありそうですね。ちなみに私の製作中のBMWの内装は酷すぎますので、いったん頭の中から除外しています(笑)
日の丸航空隊
2019年06月06日 08:39
black?さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
塗装をするようになると、梅雨が、湿気が気になり出すのです。
カブル(白濁)するは、乾かないは・・・・

エポパテはガックリきました。

足回りのスプリングの反発力が強いので、少しのことで「ピ~ン」と四次元世界に行きたがるんです。
オートビルダーSさんに楽しんでもらえると思いした。
日の丸航空隊
2019年06月06日 08:42
オートビルダーSさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
シート以外は、そんなに手を入れる必要もなさそうですので助かりました。
BMWの内装は、どっかのジャンクパーツを移植した方が・・・てな感じですか?
nanapapa
2019年06月06日 09:40
こんばんは~♪
ピンクになったセルシオ インパクトありますねぇ!
存在感たっぷりです。
車高やキャンバー角が調整可能なのもいいですね。
あとでもう少し車高下げたかった な~んてのも大丈夫^^
便利ですぅ (^o^)/
日の丸航空隊
2019年06月06日 11:10
nanapapa様、コメントありがとうございます。
インパクトあります?
実車に無い色だけに目立ちますね。
車高調、キャンバー角調整が後からいつでも出来るのは助かりますね。
一段下のは消しておきますね。
120sec
2019年06月07日 11:17
日の丸さん、こんにちは!
ヒロシさんもピンクでしたが、今回のブログモデラーズのテーマなのでしょうか(笑)。
ウレタンはスプレーでしょうか?エアブラシでしょうか?自分も一度やってはみたいのですが、なかなか敷居が高くて・・・
日の丸航空隊
2019年06月07日 12:58
12osecさん、コメントありがとうございます。
時々、コメントが反映されないことがありますが、そう言うときでも大体一発目のは入ってきていますのでご安心下さい。

ピンクは「お題」でも何でもありません。
たまたま師匠ヒロシさんと被ってしまっただけです。

ウレタンは、私も敷居が高くていたのですが、「清水の舞台に駆け上がる」(違っ!)つもりで挑戦してみました。
エアブラシでやっています。
1液型で硬化剤は配合済みですので、少しだけウレタンシンナーで伸ばしてあげれば普通に吹けます。
敷居が一段低くなった気がします。
使用後のお掃除は必須事項です。
ツールクリーナーでしつこいくらい「ウガイ」をして、ニードル拭き拭きしておきます。
吹くときは、マスク必要です。
2019年06月07日 15:42
ウレタン塗装も上手くいったようでなによりです。
ウレタンの場合は湿気で曇るということはまずないんですが、やはり湿度が高い時は避けたいですね。

エポパテが取れたのは何ででしょう…
盛り付ける前にプラの地を番手の荒いペーパーで荒らして凸凹を付けておくと食いつきがよくなりますよ。
日の丸航空隊
2019年06月07日 17:19
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
ウレタンは、思っていたよりハードルが低くて助かりました。
1液型のお陰です。
湿度が高いときは、塗装にとってあまり良い方向にならないことが多いので避けるようにしています。

エポパテは、下地のペーパーがけが足りなかったのと、硬化剤の配合が悪かったのが大きな原因かと思います。
でも、まあ、ラッカーパテで何とか出来たので「今回はこれで良し」としました。

この記事へのトラックバック