ベルキット1/24 オペルマンタ400 3

皆さん、こんにちは。

昨日、今日と長時間お日様の顔が見られて良かったです。
でも、風や空気が冷たいですね。(冬だから仕方がないですが)

さて、屋根にサフをこぼしてしまったオペルマンタですが、修復の甲斐もなく・・・・と言うこともなく無事に復活しました。
画像


じっくり乾燥させた後、600→800→1000→1200→1500→2000とペーパーをかけて均しました。
おかげて、段差も生じることなく新たにサフを吹く事が出来ました。
画像


ボディーのサフを乾かしている間に、足回りの作業を行いました。
フロントセクションはWウィッシュボーンの複雑な構造で構成されていました。
説明書の通りの取り付け手順では一部取り付けることが出来ない箇所があるので少し手順を変えました。
また、スタビライザーの取り付けピンが長く、フレームの穴にしっかり入りません。
画像


ピンを切っても良かったのですが、強度が落ちてしまうのではと言う心配から、穴の方を深くすることにしました。
1.2mm径のドリルで掘り下げて、しっかり収まるようにしました。
画像


ボディーのサフも乾いたので、表面チェック後にガイアのEXホワイトを吹き始めました。
ホワイトを2回吹いたところで、リアバンパーの先端にも「リベット」が打たれているのをハケン!
塗装後に穴を開けても良かったのですが、塗装が欠けてしまうことを恐れてバンパーを付けて穴を開け、塗装することにしました。
画像

取り付け後に0.3mmのドリルで穴を開けておきました。

ボディー塗装の合間を縫って、ホイールも塗装しました。
塗料は、モデルカステンの「クラシックシリバー」を使ってみました。
画像

Mr.カラーの「ブリビアスシルバー」よりも少し黒い感じです。

さらに、このキットのウィンドーパーツは窓枠も一緒にモールドされています。
塗装&デカール貼り付け後に、マスキングしなくて良いので安心です。
画像


ボディーは4回ほど吹きました。もう1回くらい吹いて様子を見て終了にしたいと思っています。
何はともあれ、屋根にサフをこぼした以外、これと言ったトラブルも無いので順調に進められそうです。

今回はここまでです。

では。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

オートビルダーS
2018年12月16日 09:06
おはようございます。
ルーフのリカバリー、無事できたみたいでよかったですね。
モデルカステンっていうのは知らなかったのですが、良さそうな色ですね。
タイヤをはめたホイールが車体に付いたところを早く見てみたいです!

日の丸航空隊
2018年12月16日 09:23
オートビルダーSさん、コメントありがとうございます。
ルーフは自分でも驚くくらい綺麗にリカバリー出来ました。
焦らずに、1日半乾燥させたのが良かったのかも知れません。
モデルカステンと言うメーカーは、主にAFVやキャラクター物を扱っているところです。
クラッシックシルバーは、旧Mr.カラーの8番より少し暗い感じの色です。
ホイールにデカール貼って、クリアー吹いたらタイヤを付けるので、もう少し待ってて下さい。
2018年12月16日 18:49
ルーフのリカバリーお疲れ様でした
順調に進んでいますね。

今日奥多摩にいたっら旧車のミーティングが行われていていろんな車が見れました。
240RSがいたのにはビックリでした。
日の丸航空隊
2018年12月16日 20:58
ヒロシさん、コメントありがとうございます。
こぼれたサフが希釈された物だったのが幸いしたようです。
溶剤を吹きかけて暫く放置プレイにして揮発するのを待って、均し作業にかかりました。
パーツの組み合わせはキチンとしているので、段差やズレの修正も比較的簡単に出来ます。
また、実車で活躍しているのがレースの方なので、ラリー車としての資料が少ないのでお気楽モデリングです。

奥多摩に240RSが来ていましたか!
ワークスのカラーリングは施されていました?
三菱で働いていたときにアリタリアカラーのストラトスを八○子IC付近で見かけ、ビックリしたのと、興奮したのを覚えています。
対向車でなかったらくっついて行ってたかも。(仕事中だったけど)
2018年12月16日 23:24
240RSは白いボディカラーでした。
あとでブログにアップしますね。
black?
2018年12月17日 02:17
日の丸航空隊さん。
はじめまして。

オートビルダーSさんのblogにて、研ぎ出しのお話ありがとうございました。

皆さんのをお手本に、まずはトライしたいと思います。
今製作中のものは、ボディ塗装まで、まだ遠い道のりですが、
失敗してもご報告させていただきますので、
その際は、笑ってみていただければ幸いです。

勝手ながら、 日の丸航空隊さんの模型日記、参考にさせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
日の丸航空隊
2018年12月17日 04:57
black?さん、初めまして。
当ブログへようこそ。
オートビルダーSさんには迷惑をかけてしまいました。
研ぎ出しは、「やる、やらない」は制作者自身の判断ですので、「絶対に」と言うことはありません。
自分も研ぎ出しはやりますが、ガンガン、テカテカにすることはしていません。(てか、出来ません)

拙製作記が参考になるか分かりませんが、どうぞ参考にしてください。
こちらこそ、宜しくお願い致します。
ひろ
2018年12月17日 21:45
ルーフが無事にリカバリーされて良かったです
驚かせる様な書き出しに
( ̄▽ ̄;)となりました 釣られました(笑)
日の丸航空隊
2018年12月17日 22:08
ひろさん、釣られてくださってありがとうございます。
サフをこぼした直後は正直「これはダメかな~」と思いました。
幸いに、サフの希釈が薄かったので、蒸発するのが早かったので助かったようなものです。

この記事へのトラックバック