ベルキット1/24 オペルマンタ400 7

室内作業の途中です。

「いつになったらボディーのクリアー吹くんだい?」
「雨が降って、周りが暗いからボディーは鋭意放置中でふ。」

と言うことで、室内工作の続きです。

先ずはステアリングホイールです。
握りが太すぎの感がありますが、そのまま使います。
表は良いのですが、裏側が真っ平らで、まるで「蒲鉾」です。
画像

裏側を一部削ってみたところ、上手くいきそうなので前部削って丸くしました。

メーターパネルのメーターに「透明レジン」でガラスを作り、スイッチ類に色をさしました。
色の配置はいい加減です。
画像


ナビのメーター類です。
「ハルダのツインマスター」は、ラリーをやっていた方ならご存じと思います。(高かったんだよね)
画像


もう一つのナビメーターにも色をさしておきました。
画像


一度ボディーに戻って、ウィンカーとテールランプを仕込んでおきました。
反射板には、貴重な「メタルック」の艶ありを使いました。
画像

画像


テールランプカバーがボディーからはみ出してしまうので、削ってボディーと面一に均しておきました。
画像

画像


室内に戻って、フロアーに消火器やジャッキ、シフトレバーなどの小物パーツを取り付けていきました。
画像

画像


シートベルトを付属の布リボンで組んで、取り付けました。
キット付属のエッチングパーツのバックルは「ゴツイ」ので使わずに、スタジオ27の「シートベルトセット」を使いました。
画像

肩ベルトの後端はフロアー側に付くので、まだ止めていません。

肩ベルトの後端は、フロアーのヘルメットホルダーの台座の穴を通してこの四角い穴に差し込みます。
しかし、穴が浅くてベルトの固定が難しそうに感じたので、ベルトの取り付け部分に穴を貫通させ、フロアー裏で止めるようにしました。
画像


ボディーを被せてしまうと見えなくなってしまうであろうダッシュボード周りを今のうちに見ておいてください。
画像


今回はここまでです。
室内は後少しだけやりますが、終わればボディーへのクリアー吹きに入れますので、気合いを入れましょう。

でわ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

black?
2018年12月23日 21:55
日の丸航空隊さん、こんばんは。

ラリーカーの中って、こんな感じなのですね。
消火器や、いわゆるメカニカルな感じの計器類。
デカールに彩られたボディも良いのですが、
いやーっ、この内装、良いですね!
色のさし、凄く丁寧にされてるんだなぁと。
クリアレジンも淀みなく。

ボディのクリア吹き、頑張ってください。



日の丸航空隊
2018年12月23日 22:11
black?さん、コメントありがとうございます。
ラリーカーやレースカーの中って、虚飾を廃して機能的に作られています。
メーターや装備品など、どこに何があるのか一目瞭然にするため、とてもカラフルです。
クリアーレジンは、少量ずつさしていくと良いですよ。
今回は盛りすぎてしまった箇所が幾つかあります。(汗)
ボディーのクリアー吹きもそろそろ「鋭意放置中」から「全開塗装中」へ移ります。

オートビルダーS
2018年12月24日 08:27
着々と進行中ですね。

メタルックですが私もロードスターの灯火類に貴重なものを使用しました。
私の在庫は出戻り前の25年物の、しかも1シートの1/3くらいです。シワシワのビンテージものです。
ですからここぞという箇所でしか使えません。
なんとか入手できないものですかね。
日の丸航空隊
2018年12月24日 10:33
オートビルダーSさん、コメントありがとうございます。
メタルックは、灯火類の反射板に使ったり、ちょっとしたメッキ仕上げの部分に使ったりして重宝しますね。
自分は、主に飛行機のキャノピー枠の塗り分け時のマスキングに使っています。
以前、密林で少し安くでていたので、艶消しの方を大人買いしてあります。
光沢の方も買っておけば良かった。
今現在、心当たりのところには在庫無しですね。
再販をして欲しいですね。
2018年12月24日 12:37
ラリーカーの室内はいつものようにお手の物ですね
ボディのクリアー吹きうまくいくと良いですね。
メタルックは私も残りわずかですが、以前グッスマで同じようなものを入手しました。
日の丸航空隊
2018年12月24日 13:10
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
ラリー車の室内は、よほどのことがない限り同じような作りなので。
デカール貼ってあるので、クリアーが均一にのって欲しいです。
グッスマのは「メタルック」そのものみたいだそうですね。
サイズが少し大きいのと値段がちょっとお高めの違いくらいだそうです。
あきみず
2018年12月26日 20:58
レースカー用の内装装備の方が、シンプルで
必要なものが、ついているのも 興味深い
です。透明レジンは 色んなところに
使うことが、出来るのですね。
日の丸航空隊
2018年12月26日 21:26
あきみず様、コメントありがとうございます。
レース、ラリー車には、市販車のような「快適装置」はついていません。
代わりに、消火器やメーター、スイッチ類が多くなり、所謂「走りに徹した車」になっているのですね。
透明レジンは、とても便利です。
一つあれば、結構な数のプラモに使えて、コスパも高いです。

この記事へのトラックバック