ベルキット1/24 オペルマンタ400 6

気持ちの良いお天気が続いていますね。

後10日で2018年が終わってしまいますが、皆さんお元気ですか?
お仕事も大詰めに入ってきました。
私は「サンデー毎日」なので・・・・・

と言うことで、オペルマンタの続きです。
ボディーはデカール貼りが終わって、只今絶賛乾燥中でございます。
んで、室内関係に取りかかります。

先ずは、ヘルメットホルダーです。
奥行きが深くてエアブラシの塗料が中まで届かないだろうと思って、内側の艶消しブラックを筆で塗装しておきました。
画像


全体をエアブラシで塗装して、こんな感じになりました。
中までちゃんと塗装できてるでしょ。
画像


ホルダーには「小物入れ」もついているので、グレーで別塗装して存在をアピール。
画像


最後に取り付ける「エアスクープ」のダクトパーツも同じようにして塗装しました。
画像


次に、ドア内張に一工夫しました。
ドア開閉のための取っ手が無く、代わりに「ワイヤーロープ」を引っ張って開けるようになっています。
中央の黒く塗ってある箇所です。
画像

ドア内張と一緒にモールドされているので、「アームレスト」みたいになってしまっています。

ヤイヤーロープを付けるために、モールドを削り取りました。
画像


削り取ったモールドの代わりに「水糸」をワイヤーの代用品として使います。
画像

今はまだ仮の状態です。

内張の目途がたったので、ロールバー行きましょう。
シートなどを取り付けてからの組み立てだと面倒なので、先にある程度形にしておきます。
が、天井と背面のロールバーが反っくり返ってしまっています。
カッティングマットの目盛りラインと比べると分かると思います。
画像

画像

画像


これでは乗員を護ることが出来ないので、力業で修正しました。
折れてしまわないかヒヤヒヤ物でした。
画像

画像

画像


ロールバーの機嫌が良いうちに組んでしまいましょう。
画像

画像

フロアー部分は接着していません。

固着して摘んでも大丈夫になったら一旦取り外しておきます。
画像

アンダーバーも接着していません。

リアのトノカバーと隔壁にリベットを埋め込んでいきました。
リベットはMFHの物を使います。
画像

画像

画像


今回は、室内と言っても周辺部分でしたね。
次回には、室内の小物パーツがついて「それっぽく」見えると思います。

では。

この記事へのコメント

black?
2018年12月22日 17:35
日の丸航空隊さん、こんにちは。

カッティングマットを利用して反りを確認する手が
あるのですね。勉強になりました。
そもそも丁寧に反りを確認するようなことが
身についていないのですが。。。
後、水糸の利用は、記憶の食器棚におかさていただきます。

次回の室内、楽しみです。

P.S.
日の丸航空隊さんとの相互リンクをきっかけに
先輩方にリンクしました爆弾を投下してまいります。
とても有難いきっかけとなります。
日の丸航空隊
2018年12月22日 21:10
black?さん、コメントありがとうございます。
出川の充電観てたらリコメ遅くなってしまいました。
カーモデルでは「水糸」の出番はそんなに無いと思いますが、アイテムの一つとして記憶に留めておいてください。(笑)
カッティングマットの「目盛り」は結構役に立ちます。
これも記憶しておいて損は無いと思います。

自分もブログ駆け出しの頃は師匠の「ヒロシさん」くらいでしたが、続けていくうちに段々とお友達が増えてきました。
どこか近くの模型サークルに入るのも一つの方法です。
かく言う私は「ブログ・モデラーズ」に所属しています。
これからお友達がドンドン増えていくと思います。
オートビルダーS
2018年12月23日 08:12
おはようございます。
ロールゲージきれいに組めましたね。
キットの精度にもよりますが、ロールゲージをバランスよく組んで、なおかつきちっと所定の位置に取り付けるのは難しいですよね。
リベットもかっこいいです。
日の丸航空隊
2018年12月23日 09:44
オートビルダーSさん、コメントありがとうございます。
このロールゲージは、前のエスコートに比べて新しいキットなので、精度は良いです。
タミ○と比べると「?」なところもありますが。(笑)
室内のリベットは色が同じようなので、組んでしまうとよく分からなくなってしまいそうです。(涙)

この記事へのトラックバック