日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS レベル1/24 ベントレーブロアー 11

<<   作成日時 : 2018/06/23 17:50   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

皆さん、こんにちは。

またまた梅雨空に戻ってしまいましたね。
沖縄方面は、今日明日にも「梅雨明け宣言」が出されるとのことでした。
関東地方はまだまだのようですね。

さて、今月初日から製作を開始したベントレーブロアーがとうとう完成しました。

ベントレー社は、第一次大戦前から飛行機のエンジンを作っている会社でした。
大戦後に本格的に車作りに参画し、また、レース等にも参加していました。
1924〜1930年の間、あの有名な「ル・マン」で優勝もしている車です。
さらに、今ではスポーツカーの代名詞でもある「GT」(グランドツアー・グランドツアラー)の最初の車でもあります。
この4.5lスパーチャージャー付きのブロアーも「ル・マン」に出場していますが、コースレコードを作ったのみで、リタイアしてしまったそうです。

4.5l、直6、スーパーチャージャー付きで240馬力・・・・今の車と遜色ないです。

では、完成までの最後の作業からどうぞ。

キットではステアリングボスに何も付いていなかったので、プラ板をポンチで打ち抜いた物を貼り付けておきました。
ここに、小さなレバーが4本ほど付くのですが、そこはスルーしました。
画像


エンジンカバーの内側と縁周りを均して、車体にちゃんと被さることを確認してから「カバー止めベルト」を付けました。
ベルトには、MFHの「本革調シート地」を使いました。
画像


これを2mm幅に切り出し、エッチングのベルトハーネスに通して本体へ取り付けました。
画像

画像

エッチングパーツはハセガワ1/24のギャランVR-4やランサーに付いていた物の残りです。

前後のフェンダーですが、ステーをフレームに差し込んで止めるようになっていて効率的なのですが、ステーの径とフレームの穴の径がユルユルで、固着するまでタイヤとフェンダーの間にティッシュを詰め込んでおきました。
画像


ラストは、風よけシールドとその前に付く幌ステー兼シールドをつり付けました。
「ル・マン」では、ある一定の時間、幌を被せて走らなくては行けなかったそうで、本当なら付けたくはなっかので
しょう。
本来はガラス等になっているのですが、メッシュが貼ってあります。(本物は)
画像


と言うことで、完成です。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


初めてのクラッシクカー製作は、とても楽しかったです。
ただ、「製作元が違う」と言うことで来年の静岡ホビーショーの「お題」とならなかったのが残念です。

キット素材はとても柔らかく加工がしやすかったです。
反面、事後変形やゲートからもげそうになっていたパーツがあって、少々手こずりました。

古いキットですが、実車考証などしっかりされていて良いキットだと思います。
これを手始めとして、機会があったらクラッシクカー製作にも取り組んでいきたいです。

レベル(エレール)1/24 ベントレー 4.5l ブロアー

・エンジンパイピング:タミヤ社「パイピングコード0.5mm」
・エンジンカバーベルト:MFH社「本革調シート地」
・シート背面:家内にもらったフェルト
・フロアー:ウッシ社「木目調デカールセット」
・ラジエータネット:ワークアソシエーション社「メッキ金網」
・ハンドル握り:レース糸
・エンジンカバーベルトバックル:ハセガワ社「1/24カーモデル用エッチングパーツ」

参考資料
・各PCサイト様

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ベントレー完成おめでとうございます。
初めてのクラシックカーとはいえ、手慣れたもので流石の仕上がりですね。
ハンドルに巻いた紐?がリアルで良い感じですね。
クラシックカーは複葉機と一緒でロマンを感じるので私も好きです。
お疲れ様でした。
ヒロシ
2018/06/25 13:53
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
手慣れてはいませんが、楽しく作ることが出来ました。
元のキットの素性が良いのでしょうね。
ハンドルに巻いたのはレース糸で、色も丁度良かったので家内に買ってもらいました。
小さいときにイマイ?かどこかの「イターラ」を作って以来ですね。
本当にロマンたっぷりなので、思わず当時の「ル・マン」の画像を見入ってしまいました。
日の丸航空隊
2018/06/25 14:55
完成おめでとうございます。
クラッシックカーもうまくまとめられて、
かっこいい仕上がりになっています。座席
ソファーやエンジンが、見どころ満載です
複葉機の張線が、手がかかるとすると、クラッシックカーではどこに当たるのでしょう
色も難しそうに見えます。 
あきみず
2018/06/25 19:19
あきみず様、コメントありがとうございます。
初クラシックカーでしたが、何とか完成させることが出来ました。(笑)
座席の背中のフェルト張りはやって良かったと思います。
クラシックカーの手がかかるところはキットにもよりますが、車体全体が華奢なところでしょうか。
強いてあげれば「足回り」でしょうかね。
色は「ブリティッシュグリーン」そのままです。(笑)
日の丸航空隊
2018/06/25 20:15
完成おめでとうございます
隠れるところが少なくて各部の細かい作り込みが物を言う印象お見事てず
ひろ
2018/06/29 07:30
ひろさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
現用車とは違って、隠れる部分が無いので気を遣いました。
大変でしたが、いつものカーモデル製作とも違う工程が楽しかったです。
日の丸航空隊
2018/06/29 08:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
レベル1/24 ベントレーブロアー 11 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる