日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS AVIモデル1/72 九六式二号艦戦 6

<<   作成日時 : 2018/05/08 15:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

皆さん、こんにちは。

連休明けの仕事始めは「雨」からのスタートとなってしまいましたね。
奄美地方や沖縄では早くも「梅雨入り宣言」が出ましたね。

遅かれ早かれ関東地方も梅雨に入って、ジメジメした日が続くのでしょうね。

そんなことを思いつつ、九六式二号艦戦が完成いたしました。

二号二型前期型の特徴は、何と言っても「密閉式風防」でしょう。
三菱の技術者が、「速度向上と安全性向上」を狙って作った意欲作でしたが、実際の現場では「視界が悪い」ともっぱらの悪評で、中には「邪魔だ」と言って取り外してしまう部隊もあったそうです。

イタリアの飛行士も、マッキやレジアーネなどの密閉式風防の機体で「風が感じられない」と言って取り外して使っていた猛者もいたそうです。
私がバイクに乗っていて、ジェット型のヘルメットからフルフェイス型のヘルメットに変えたときに、息が詰まりそうになって、思わずシールドを開けて走っていたことを思い出しました。

技術者の想いを乗せた「密閉式」と現場での実情を表した「開放型」との2機を作ってみました。

先ずは「密閉式」の機体からどうぞ。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

この機体に付いている増槽は、一号艦戦の160lタンクとも二号二型後期からの210lタンクとも違う形をしていて面白いです。

続いて「開放型」をどうぞ。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


ツーショットもどうぞ。
画像

画像

画像


1/72サイズでは簡易インジェクションキットしか無い現状です。
国内メーカーさん、どうかインジェクションキットで発売してください。
最右翼候補はファインモールド社なのですが如何でしょう。

最近は、簡易キットとは言え、金型技術の向上とともに、とても作りやすくなってきました。
とは言え、まだまだ「?」な所もあります。
メジャーキット優先、売り上げ効率優先だけではなく、「夢」をユーザーに届けて欲しいですね。

兎にも角にも、このキットのお陰で「九六式艦戦コンプリート計画」が進んだことはとても嬉しいことです。
AVIモデルはライジングデカール社が立ち上げたメーカーで、当然自社のデカールを使用しているのですが、コノデカール、印刷幕が「オブラート」のようにペラペラヘナヘナで使いづらいです。
ですが、この薄さのお陰で上手く貼れたときはシジ彫りやモールドによく馴染んでくれて綺麗に仕上がるのです。
ただ、東欧メーカーの常で、漢字やカタカナが怪しい事が多いです。
実際にフラップの「オスナ」の文字が「スオナ」になっていて、切り張りしようにも小さくてできませんでした。
救世主の「アシタのデカール」がなければ、「諦めていた」か「フジミのキットを積み上げる」しか方法がありませんでしたので、助かりました。

九六艦戦は、これで一号、二号一型(後期)、二号二型(前期)、二号ニ型(後期)、三号、四号と揃ってきました。
コンプリートまで後少しです。
時期が少し開いてしまうかも知れませんが、完遂に向けて頑張りたいと思っています。

AVIモデル1/72
九六式二号二型艦上戦闘機後期型

海軍航空隊 第12航空隊所属機
昭和13年 夏 中国・大校場基地

製作開始:2018.04.24
完   成:2018.05.08

・プラグコード:0.2mmソフトワイヤー
・シートベルト:和巧社「紙創り 日本軍機用」
・コーションデータ:アシタのデカール「九六式艦上戦闘機 エース・オブ・エース」
・落下式増槽:ファインモールド1/72 メッサーシュミットから
・アンテナ支柱:ハセガワ1/72 零式艦上戦闘機21型から
・ピトー管:ファインモールド1/72 日本海軍機用
・翼端灯:ハセガワ社 フィニッシュマスター「クリアーレッド、クリアーブルー」

参考資料
・文林堂:世界の傑作機「九六式艦上戦闘機」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
日の丸殿、今晩は! 今頃は静岡行きの準備でお忙しいと思いますが、そんな中、、九六式二号二型後期型が完成しましたね。完成おめでとうございます。
風防の湯流れ不良の修正や、増槽の形状変更、スパッツの加工等、大変参考になります。私もいつか製作する機会が訪れた時には、貴殿の製作記をお手本にさせて頂きたいと思います。どうもお疲れ様でした。デカール情報、お役に立てて良かったです。
こちらは、昨日・今日と大雨が続いていますが、梅雨入りした地方もあり、もう一月足らずでこちらも梅雨入りしそうです。それまでに、私も飛燕を何とか完成させたいものです。明日と明後日が休みになりましたので、迷彩を仕上げようと思っています。
0-sen
2018/05/08 22:25
0-senさん、コメントありがとうございます。
静岡出発前に完成して良かったです。
大抵、途中で切り上げて静岡入りし、帰還後に続きを行うパターンが多かったのですが・・・(笑)
稚拙な工作ですが、参考にしてください。
そして、もっと良い物を作ってください。
デカール情報には感謝!感謝!です。
ありがとうございました。
こちらも昨日から雨が降り続いています。

今日、明日のお休みで「飛燕」に集中してかかれますね。
迷彩の仕上がりが楽しみです。
日の丸航空隊
2018/05/09 06:54
完成おめでとうございます。
いつもながらの素晴らしい仕上がりですね。
設計者と実際の現場での思惑の相違は今でもよくあることですね。
この頃はまだスピードがそんなに出なかったので取ってしまうということもできたんでしょうね(笑)
何はともあれ2機同時製作お疲れ様でした。
ヒロシ
2018/05/09 12:25
ヒロシさん、コメントありがとうございます。
いえいえ、いつもながらの拙作です。(笑)
まだまだ詰めが甘いです。
設計者が「良かれ」と思っていても、現場はそうでもない事がありますよね。
飛燕などでは、後方確認のためにスライド風防を開けていたと言いますね。
ファストバックの機体は、開けないとシッカリ見えないのでしょうね。
2機同時製作が続いたので、次回からは単品製作にします。
飛行機は少しお休みです。(笑)
日の丸航空隊
2018/05/09 13:00
完成おめでとうございます。
キャノピー2種類は比較ができていいですね。
設計者と使用者の思惑違い、現在の実社会でもありますね。
このキットが出るまで96式二号艦戦はなかなか完成品が見られなかったんですが、
素晴らしい塗装と作り分けられた2種類形態で
良いもの見せてもらいました。眼福です。
Ps.そういえばイタリアのマッキMC200だったかフィアットG50(どちらか記憶曖昧です)もキャノピーの有無の変更がありましたね。
ということで持っていくもう1キットはイタリアンにします(機種はお楽しみに(笑))
シミヤン
2018/05/09 23:22
業務連絡のメールしました。
ご確認お願いします。
ヒロシ
2018/05/09 23:57
シミヤン様、コメントありがとうございます。
提供者と受け手の思惑の違いはいつでもありますね。(笑)
non風防機の写真はあまり見ないので、面白そうだなって想い作りました。
作りはまだまだ氏の足下にも及びません。
イタ機にも風防を取り払った機体がありましたね。(笑)
九七の他にイタ機、頂けるのですね。
楽しみにしています。(喜)
日の丸航空隊
2018/05/10 07:46
ヒロシさん、連絡ありがとうございます。
確認して、返信致しました。
日の丸航空隊
2018/05/10 07:47
完成おめでとうございます。密閉式と解放型の揃い踏みカッコいいですね。
そして、実機の解説をありがとうございます。
ひろ
2018/05/10 22:21
ひろさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
この機体だけ2つのバージョンがあるので作ってみました。
開放型の方が現場で喜ばれたので、後に従来の形に改修されたそうです。
それが二号二型後期型の機体です。
解説は、いつもの受け売りです。(笑)
日の丸航空隊
2018/05/11 06:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
AVIモデル1/72 九六式二号艦戦 6 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる