日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS AVIモデル1/72 九六式三号艦戦 2

<<   作成日時 : 2017/08/11 19:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

こんばんは。

今日から「お盆休み」のところが多くなりますね。
道路、鉄道は朝から大渋滞でしたね。
この時期にお仕事の方は、大変ですね。(お察し致します。)

さて、九六式三号艦戦ですが、こちらも少々渋滞気味です。
とは言え、少しずつ進んでいます。

コクピットができたので、機体の内側の塗装と計器類の塗り分けをしました。
画像


機体の貼り合わせの前に、プロペラの取り付けを確認していたら、キットのプロペラ軸が少し短く、固定するにしても不安定な感じを受けました。
そこで、フジミの方のプロペラと比べてみたら、こちらの方が「良い感じ」だったので、フジミのパーツを使うことにしました。
画像

右:キットの物、左:フジミの物

プロペラが決まったのですが、キットの組み立て設定では「固定する」になっています。
それではつまらないので、多少は動くようにしたいと思い、軸受けをニューム管とプラ板で作り機首に固定しました。
画像

この軸受けは、ハセの「紫電改」か「四式戦」を作ったときの試作パーツです。

軸受けもできたので、機体を貼り合わせました。
画像

コクピットは、丁寧に削って位置合わせをしておくと「後嵌め」ができます。

コクピットを機体に仕込みましたが、脱落防止用に、床下にプラ棒を接着し、黒瞬で固定しておきました。
画像


次は、主翼です。
主翼はご覧の通り、翼下面パーツが3分割になっています。
画像

全ての接着面を綺麗に均しておかないと、隙間だらけになってしまいます。(簡易キットの宿命ですね。)
この作業だけで、昨日一日費やしました。

合わせ目を消した後、主翼上面の主脚柱の部分にプラ○棒を埋め込み、地上姿勢の時の主脚柱の状態を再現しました。
画像

キットでは○モールドでしか表現されていません。
また、二号艦戦以前の機体は、脚柱が飛び出すようになっています。
ちなみに、二号二型以降は、主脚の構造が代わったので、飛び出しは無くなっています。

ピトー管はキットに付属しておらず、説明書には「SCRATCH BUILD」となっていますので、ここにはファインモールドの挽き物を使いました。
画像

取り付け穴が主翼左右に開いているので、間違えないようにしないと。。。
一号艦戦の機体を使っているのにピトー管だけは二号艦戦以降の機体と同じ右側になっています。

ここで根を詰めると、バッファローの二の舞になりそうなので、ここまでにします。
ここまでくると、ほとんどのパーツは無くなってしまいます。

次回は足回りからかな?

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
九六式三号艦戦、早くもIの字ですね。主翼の組立ても終わっているよですし、士の字も時間の問題でしょうか? フジミのキットのパーツが流用出来るという事ですので、私もフジミのキットを引っ張り出そうかと思っています。でも、そうなるとフジミのキットが完成出来なくなっちゃいますね。

今日から20日まで夏休みですが、娘が孫を連れて帰省して来ましたので、孫相手の時間が多くなっています。今夜は、花火大会で、先ほど出掛けて行きました。V-173、何とかしなくっちゃっ…です。(笑)
0-sen
2017/08/11 20:10
0-senさん、コメントありがとうございます。
パーツが少ないので、簡易であっても比較的早く形になります。
フジミのカスタマーへ必要なパーツ請求してみません?

お孫さんが遊びに来ているのですね。
模型は少しお休みかな?
お嬢さんもお孫さんもどちらも可愛くてたまらないでしょうね。
我が家は息子2人で独身なので、まだまだ先になりそうです。(笑)
日の丸航空隊
2017/08/11 20:50
早く進んでいます コクピットが、裏から入る
様にされたのですか。その方が楽に組めます
主脚柱の凸というのは知りませんでした。
あきみず
2017/08/12 20:04
あきみず様、コメントありがとうございます。
キットの説明書では、コクピットパーツを機体内壁に取り付けるよう指示がされていますが、計器板と後部バルクヘッドを慎重に削り合わせると「後嵌め」ができるようになります。
主脚の「緩衝装置」が一号艦戦ではあまり良くなかったので、柱全体を動かすようになっていたようで、その為、脚注の先端を逃がしてあげる必要があったからだと思います。
離陸して、車輪に加重がかからなくなるとこの凸も翼上面と面一になるように引っ込みます。
「丸メカ」をお持ちでしたら記事が図解付きで掲載されているので、ご覧になってみてください。
日の丸航空隊
2017/08/12 20:57
お盆休みに入った途端、天気がすぐれませんね。
この先もずっと曇り/雨のようです。

3号艦戦もだいぶ進んだようですね。
自作しなくてもフジミのパーツが使えるのはいいですね。
しかし、ピトー管をスクラッチしろとは…(笑)
ヒロシ
2017/08/14 17:58
ヒロシさん、コメントありがとうございます。
今週いっぱいお天気の回復は望めそうにないですね。(泣)

三号艦戦は、コクピットのパーツ以外細かな物は無いので、進みが早いです。
フジミのパーツが使えるのは助かりました。
着艦フック等の細かなパーツのモールドは良いので、何でピトー管だけスクラッチなのか不思議でたまりません。(笑)
日の丸航空隊
2017/08/14 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
AVIモデル1/72 九六式三号艦戦 2 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる