日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤ1/35 74式戦車 10

<<   作成日時 : 2017/06/15 16:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

皆さん、こんにちは。

入梅してから、雨らしい雨が降っていませんね。
模型作りにはとっても都合が良いのですが、一般の生活面に於いては「水不足」が心配です。

と言うこと(どういう事?)で、74式戦車が完成しました。

国産第2世代の戦車として1974年に正式採用され、現在も現役で活躍している息の長い戦車です。
しかしながら、10式戦車が採用されてからは、その数を徐々に減らしてきています。

この戦車の最大の特徴は、第一に「砲塔の形状」です。
避弾経始を考慮して、丸っこく低い形状をしています。
90式や10式の砲塔よりも低い感じです。

第二の特徴は、「油気圧サスペンション」です。
欧米の主力戦車などは、起伏のあまり無い場所での戦闘が主なので、このサスペンションはついていないことが多いです。
74式は、日本国内の土地形状に合わせて、いかなる状態でも車体を安定して水平に保てるように考慮されています。

主砲の105mmライフル砲は、英国オードナンス社のものをライセンス生産した国産砲です。
射撃訓練時などでの射撃音は、腹に響く乾いた低い音で、いかにも「戦車砲です」的な感じです。

この「戦車、戦車」したスタイルが90式や10式には無い雰囲気で、自分はとても好きな戦車です。

今回は、油気圧サスペンションの特徴を生かして、「稜線射撃」時のスタイルで作り上げてみました。

前置きが長くて済みません。
では、完成した姿をどうぞご覧下さい。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


タミヤのMMシリーズでも、ベテランの部類に属するキットで、かつては「モーターライズ」仕様で動かして遊ぶ戦車キットでした。
この冬季迷彩仕様になってからは、ディスプレイキットとして今も発売されています。

今回は、各所に残るモーターライズの痕跡をできる限り消して作りました。
動かして遊ぶキットだっただけに、細かな部分のパーツが省略されていて、特に、「アンテナガード」が無かったのが痛かったです。
幸いに、エッッチングパーツが手に入ったので良かったですが、そうでなければ手作りしなくてはなりませんでした。
このあたりを考慮に入れて、リニューアルして出して欲しいです。

サードパーティーのエッチングパーツも入手しましたが、必要な箇所だけに使用を留め、キット本来の姿を生かすようにしました。

ベース作りは、初めての経験で、ノウハウも解らぬまま作ったので、AFVモデラーさん方からすれば「何じゃコリャ」の代物です。

総合火力演習で見た74式の「稜線射撃」のシーンが忘れられず作りましたが、自分の記憶に残っている姿を再現できたと思っています。

新鋭の戦車に比べ、「のろまな亀」ですが、「カッコイイ」ものは「カッコイイ!」のです。

タミヤ1/35 陸上自衛隊74式戦車

富士教導団 戦車教導隊 第1中隊所属
「富士総合火力演習」での一コマ

製作開始:2017.05.24
完   成:2017.06.15

・ジェリカンラック:ライオンロア社「74式戦車用エッチングパーツ」
・ジャッキ受け:ライオンロア社「74式戦車用エッチングパーツ」
・発煙筒蓋:ライオンロア社「74式戦車用エッチングパーツ」
・アンテナガード:オードナンスモデル社「74式戦車用エッチングパーツ」
・車長及び装填手ハッチ押さえ:モデラーズ社「極細チェーン」
・ベース:ウレタンフォーム
      セメダイン社「壁補修材」
      タミヤ社「テクスチャーペイント」各種

参考資料
・自分の記憶と思い入れ
・各PCサイト様

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
完成おめでとうございます。
稜線射撃の雰囲気バッチリですね。
ベースもサクッと作られてたので初めてとは思えませんでした。
お疲れ様でした。
ヒロシ
2017/06/15 18:33
74式戦車&ジオラマベースの完成、おめでとうございます。さすが、思い入れのある戦車だけに、素晴らしい完成度ですね。モーターライズ仕様の名残を消して、完全ディスプレイモデル化した手腕もお見事です。いつか私も製作する機会があると思いますので、ぜひ参考にさせて頂きます。お疲れ様でした。そろそろ空モノも拝見したいですね(笑)
0-sen
2017/06/15 19:37
完成おめでとうございます。
今回も実機の解説をありがとうございます。
ひろ
2017/06/15 20:11
ヒロシさん、コメントありがとうございます。
雰囲気でてますか!
良かった。

ベース製作は、「プラモ作ろう」の中の動画でプロの方が作っていたのを真似してみました。
何となく感覚が掴めたので、挑戦してみました。
日の丸航空隊
2017/06/15 20:32
0-senさん、コメントありがとうございます。
61式も戦車らしくて良いのですが、この74式の方が特に強く感じられます。
後輪駆動のキットのお尻を持ち上げた格好になるため、ギア穴が見えてしまうと行けないので、必死に隠しました。
このような拙作でよろしければいつでも参考にしてください。

空モノいきますよ〜。ってもう始めてます。
日の丸航空隊
2017/06/15 20:38
ひろさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
実機解説は、思い入れがあるので、ついつい長くなってしまいました。
飛行機にしても船にしても、実物の時代背景や製作過程など解ってから作るようにしています。
思い入れを作るわけですね。
そうすると、自分の場合、製作途中での迷いが無くなり、スムーズに事が運ぶみたいです。
日の丸航空隊
2017/06/15 20:44
こんばんは、お邪魔致します。

完成しましたね。おめでとうございます。
とても良い雰囲気ですよ。やっぱりプラモはベースが付くとグット雰囲気が上がりますね。

砲塔に掲げられた赤旗が、演習の雰囲気を良く醸し出していると思います。

製作お疲れ様でした。
afv-tank
2017/06/15 20:59
afv-tankさん、コメントありがとうございます。
通常姿勢の単品作でも、ベースのあると無いのとでは雰囲気が全然違いますね。

赤旗の取り付け位置がよく分からなくて、画像を「嫌」と言うほど探しまくりました。
演習時の雰囲気が伝わっているでしょうか。
良かったです。
日の丸航空隊
2017/06/15 22:21
ピッタリの情景に なるように車体を作られた
訳ですね 解説を伺いよく解りました。
ベースも初めての製作と 思えない作り方で
新しいことに挑戦されています。
火力演習の雰囲気が、出ています。
あきみず
2017/06/16 21:00
あきみず様、コメントありがとうございます。
この情景が作りたくて、長い間構想を温めていました。
この姿勢は、90式や10式もできますが、やはり74式でないとだめなんです。(拘り)
起伏のあるベースは、小さいモノならあるのですが、このように大きな物は初めてです。
雰囲気が伝わってくるとのことで、大変嬉しいです。
日の丸航空隊
2017/06/16 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
タミヤ1/35 74式戦車 10 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる