日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセ&エア1/72 F4F-4(FM-1) 6

<<   作成日時 : 2017/02/20 16:18   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

ワイルドキャット&マートレットが完成しました。

金曜日に長男が帰ってきました。
退官前の有給休暇だと思います。
(詳しいことは話せないので、憶測です。)
日曜日の夜、部隊に戻っていきました。
帰ってしまうと、家の中が静かです。

さて、長男の話し相手をしながら、ワイルドキャットとマートレットを完成させました。
作り比べもあるのですが、山減らしも兼ねています。
今回は、太平洋戦線ではなく、欧州、大西洋、地中海方面の飛行機です。

先ずは、エアフィクスのワイルドキャットからです。
画像

画像

1942年11月の「トーチ作戦」に参加した空母「レンジャー」搭載機です。

次は、ハセガワのマートレットMr.Xです。
画像

画像

画像

画像

イギリス海軍機です。

F4F-4 2機揃い踏みです。
画像

画像

画像

画像


途中「大和」の製作が入って中断しましたが、モチベーションは下がっていませんでした。
同じ機体でも、メーカーが違うと、設計のコンセプトや考証の違いが結構見つかって面白かったです。
「作り比べ」というと、どうしても優劣を付けてしまいがちですが、自分は違いを楽しむ方向で行っています。
とか、格好いい事言ってますが、「ここはこっちの方が作りやすい」とか「これは手が込んでるパーツ構成だな」とか結構気持ちの中では思っていたりします。

まあ、両社共にたいした違いはないのですが、一番の違いは「胴体の太さ」です。
エアの方は「ズングリ」、ハセの方は「スマート」です。
ライン的にはハセの方が好感度は高い気もします。(あくまでも個人の感想です。)

デカールはハセの方はすでに逝きかけていて、水に浸してもなかなか緩んでくれませんでしたし、白部分が黄色くなっていました。
なので、いろいろなジャンクデカールを持ってきて貼り付けてあります。

エアの方のデカールは、太平洋戦線の物しか入っていないので、今回は「スーパースケール」のデカールを使いました。
余白も少なく、柔らかくて貼り付けやすいのですが、曲面への追従性は悪く、浮いてしまったところもありました。
幸いにして、軟化剤には耐えてくれたので良かったです。

やっぱり飛行機は楽しいです。

ハセガワ1/72 マートレットMrX
イギリス海軍航空隊 第846飛行隊(JV579)所属機

製作開始:2016.11.07
完   成:2017.02.20

・シートベルト:和巧社「紙創り 米軍機用」
・プラグコード:リード線
・デカール:AZモデル「マートレット用」

参考資料
・文林堂「世界の傑作機 F4F-4ワイルドキャット」
・各PCサイト様

エアフィクス1/72 F4F-4 ワイヅドキャット
アメリカ海軍 空母「レンジャー」搭載機 VF-9
1942年11月 トーチ作戦時

製作開始:2016.11.07
完   成:2017.02.20

・シートベルト:和巧社「紙創り 米軍機用」
・デカール:スーパースケール社

参考資料
・文林堂「世界の傑作機 F4F-4ワイルドキャット」
・各PCサイト様

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
完成おめでとうございます。
2機の製作お疲れさまでした。
どちらも塗装が違うとはいえ、スタイルの違いがハッキリわかりますね。

国旗マークはそれだけの別売デカールセットを買っておくと今回の様なときに重宝しますよ。
でも最近は出てなかったかなぁ?
ヒロシ
2017/02/21 00:07
2キット完成しましたね。おめでとうございます&お疲れ様でした。
ハセとエアの違いも見れられて、興味深いです。
ハセガワのデカールは、古くなると水に浸しただけでは台紙から浮いてくれません。ぬるま湯でも糊が溶けてくれなくて、熱湯ブロで拷問状態にするといいと言うのを聞いたことがあります。今度、機会があればやってみようと思っています。(この機会は今年中にはありそうです。)
貴殿の最後のフレーズ「やっぱり飛行機は楽しいです。」を聞いて、安心しました。次のアイテムは何になるのか、楽しみです。
0-sen
2017/02/21 00:51
ヒロシさん、コメントありがとうございます。
両機とも「Tの字」状態で、胴体の太さの違いがはっきり分かるのですが、主翼が付いても解りますね。
側面形も、キャノピーの高さや角張り具合などで、違いが分かりますね。

国籍マークだけのデカール、入手が困難ですが、見つけたら買っておくと便利ですね。
今回の件で痛感しました。(笑)
日の丸航空隊
2017/02/21 04:34
0-senさん、コメントありがとうございます。
どのジャンルも楽しく好きなのですが、やっぱり飛行機ですね。(笑)
両者の違いがはっきり分かるのは、「Tの字」状態の時が顕著ですね。
こういうところが見られるので、飛行機はやめられません。(笑)

古いデカールを台紙から浮かすのに、自分は「アイロン」を低温にして使っています。
今回は使いませんでしたが・・・
アイロンだと冷えないので、お湯よりも良いかなと思います。
日の丸航空隊
2017/02/21 04:42
謹賀完成であります。
同じ機種のメーカー違い作りって、楽しいですね。
72の零戦21型を4機、メーカー違いで製作中です。遅れましたが「大和」製作、お疲れ様でした。
素晴らしい内容でした。
はつたか
2017/02/21 19:30
はつたかさん、コメントありがとうございます。
今回のように素性の良いキットなら楽しいですね。
もし、これが一癖も二癖もあるようなキットだったら地獄です。(笑)
零戦21型は、ハセ、エア、タミ、ファインでしょうか?
これまた楽しそうな事を・・・(笑)

大和、最後まで追いかけて頂いてありがとうございました。
日の丸航空隊
2017/02/21 20:15
遅くなりました F4F 二機完成おめでとうございます。米、英海軍機の塗装の違いも判り
同じ機体が、こんな風に見られるのも、模型の
楽しみですね。メーカーにより捉えどころが
違うのも個性でしょうか 次のコルセアUも
楽しみです。
あきみず
2017/02/21 20:57
あきみず様、コメントありがとうございます。
ワイルドキャットと言うと、太平洋戦線が主だと思いがちですが、大西洋、地中海方面にも出ていたのですね。
こうしてみると、米軍機は「実用一点張り」、英軍機は「おしゃれ」な感じがします。
機体の特徴も、メーカーによって違うのが見られて楽しかったです。

コルセアUも頑張ります。(笑)
日の丸航空隊
2017/02/21 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハセ&エア1/72 F4F-4(FM-1) 6 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる