日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ニチモ1/200 戦艦 大和 25

<<   作成日時 : 2017/02/06 16:09   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

こんにちは。

立春を過ぎて、何となく春めいた感じになってきました。
窓から差し込んで床に写る光の足が段々と幅が狭くなってきています。
も〜すぐは〜るですねぇ〜、恋をしてみませんか〜とついつい口ずさんでしまいます。

さて、大和は「中央構造物」を甲板に取り付ける作業に入りました。

構造物の取り付け前に、気になっていた箇所に追加作業を施しました。
木甲板と飛行甲板との境目に、隙間が出来てしまっていたので、プラ板で「コーミング」をつけました。
実艦でも付いているので、違和感はありません。
画像

隙間にプラ角棒を差し込んで「コーミング」の落ち込みを押さえました。

画像

0.5mm×2.0mmのプラ板を貼り付け、コーミング表現しました。

目線を下げて覗くと、こんな感じに見えます。
画像


いよいよ構造物を取り付けます。
甲板の歪みを強制的に修正したので、艦橋下部に少し皺寄せが出来てしまいました。
ここは1mmプラ板を貼って隠しました。
画像


甲板と構造物はクランプを使って、しっかりと固定させました。
画像


艦橋下部の隙間もシッカリ治まっています。
画像


構造物固着までの間に、前甲板に「波よけ」や「リール」、「号令台」などを取り付けました。
画像


さらに、前甲板と錨甲板との境目の隙間にもコーミングを施しました。
0.5mm×1mmプラ板を立てるようにして取り付けてあります。
実艦(武蔵)の画像を見ると、コーミングの近くに立っている乗組員の「脛」あたりまでの高さに見えたので、自分の足で「脛」までの高さを測り、約20cmと判断(1mm×200倍で20cm)しました。
画像

画像

境目がクッキリして見えます。

構造物も固着してので、高角砲や3連装機銃、副砲などを取り付けました。
画像

船体側面から飛び出すようなパーツは「引っかける恐れ」があるのでまだつけていません。

ここまできて、思わぬ事故が発生!
大和の方でなくて良かったのですが。
エアブラシを使おうとして、普段やっているように「クラウン」を外したまでは良かったのですが、この「クラウン」が作業台から転げ落ち、4次元世界に行ってしまいました。
画像


これが無くても塗装は出来るのですが、ニードル先端の保護が出来ない上に、ブラシスタンドへの出し入れにも気を遣わなくてはならず、精神的に良くないのでタミヤの「カスタマーセンター」に部品注文しました。
画像


在庫確認をして、注文をしたのですが、何と3日目には自宅に届きました。
流石、タミヤ、対応が早い!
画像

これで、安心して作業に取りかかれます。

今回は、ここまでです。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
少々ご無沙汰致しておりました。気持ち的に余裕がなかったと言うのもあります(笑)
大和の製作は順調に進んでいらっしゃるようで、完成の領域までもう直ぐ到達しそうですね。貴殿の丁寧な製作スタイルは私も見習わなければと思います。
エアブラシのクラウン、外して塗装されているんですね? 私は未経験ですが、使用感などはどんな感じなのでしょうか? そそっかしいので、先端を傷めてしまいそうで、ちょっと怖いです。
0-sen
2017/02/06 19:09
0-senさん、コメントありがとうございます。
大和はお陰様で、約85〜90%くらいまで進みました。
このキットには、高校生の時にも作っているのですが、もう一度作れる喜びに浸っています。

エアブラシのクラウンは外さない方が良いのですが、薄く希釈した塗料を低圧で吹いていると、クラウンに溜まってきて、時々「ブツブツ」が飛ぶのです。
それを嫌っての事だけなので・・・
使用感は、「バ〜ッ」と全体的に吹くには噴射幅が広がって、自分には良いように感じます。
個人差があるので、何かの時に試してみてはいかがでしょう。
ニードル先端にはくれぐれも気をつけてくださいね。(笑)
日の丸航空隊
2017/02/06 20:45
木甲板と飛行甲板の違いが、見事に表現されています。艦橋構造物も付いて、戦艦らしい複雑な
構成になってきています。力作です。
あきみず
2017/02/07 20:09
あきみず様、コメントありがとうございます。
木甲板と飛行甲板のコーミングは、実艦の写真や他のサイト様からヒントを頂きました。(笑)
構造物がのると、船体だけの時より軍艦らしくなります。
ここからは、前に作っておいた小物パーツを取り付けて行くだけなのですが、数が多い上に、手順を考えないと取り付けしづらくなるので大変です。
日の丸航空隊
2017/02/08 04:14
甲板に構造物がどんどん付いていく様は見ているこちらもワクワクしてきますね。

クラウンは無いとニードルの先端を痛めてしまう確率が高いので精神衛生上良くないですね。
でもすぐタミヤさんが送ってくれて良かったです。
流石世界のタミヤ
ヒロシ
2017/02/09 14:36
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
段々と出来上がっていく様子を見ると、嬉しい反面もう少し関わっていたいという気持ちが湧いてきます。

エアブラシのクラウンが無いと、本当に気を遣って、精神衛生上良くないですね。
タミヤ様ありがとうです。
日の丸航空隊
2017/02/09 15:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニチモ1/200 戦艦 大和 25 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる