日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ニチモ1/200 戦艦 大和 4

<<   作成日時 : 2016/11/20 16:01   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

少し進みました。

今日は昨日とはうってかわって暖かでしたね。

さあ、大和の続きです。
思いついたところから作業に入っているので、作業順に脈絡がありませんがご容赦ください。

今回は、後艦橋、中央構造物あたりを弄りました。
先ずは、後艦橋の基部及び銃座の作業です。
後艦橋の機銃座の裏面から支え柱が出ていますが、キットのパーツは使い物にならないくらい変形していたので、ここは1mm○プラ棒で代用しました。
画像

銃座は仮組みです。

銃座の裏面の肉抜き部をプラ板とパテで塞ぎました。
画像


各銃座の床面には大きくヒケが出来ている物もあるので、ポリパテで埋めておきました。
画像

削りは、「電動ハブラシ」のブラシを切り落とした手製の物を使いました。

中央構造物の作業では、「通風口」や「測距儀」の台座の取り付けから行いました。
同じような形のパーツがいくつもあるので、間違えないよう気を遣いました。
画像


九四式高射装置は若干形が違っていたので、資料本(MA誌:スーパーイラストレーション)を基に修正を加えました。

画像

左:キットのまま。 右:修正した物

さらに、測距儀の取り付け部分の形状がおかしな感じだったので、ここも資料本を基に修正を加えました。
キットのままだと本体と測距儀との間があいてしまいます。
画像


本体の両脇を約1.5mmほど削って平らにし、測距儀がきちんと嵌るようにしました。
画像


構造物に観測装置を取り付けました。
可動します。
画像


後艦橋の10m測距儀も修正箇所があったので、手を加えました。
測距儀の右腕付け根の上に何やら突起がありますが、大和新造時からここには何も突き出ていないので、切り落としました。
画像

画像


測距儀本体の下部も、新考証では「切り欠き」があるそうなので、ここでもそれに倣って切り欠きを作りました。
画像

マスキングテープは、位置決めと周囲の養生を兼ねています。

切り口に、切り落としたパーツの一部を利用して穴埋めに使い、さらにパテで埋めて形を出しました。
画像


本日最後の作業は、スタンドの塗装です。
あまり綺麗ではないメッキパーツのメッキを落とし、整形→サフ→黒塗装→シルバー塗装と進めました。
画像

スクリューも一緒に行いました。

ホームセンターで購入した、「メッキ調スプレー」を使って金メッキっぽくしました。
画像

思っていたほど艶が出なくて少々がっかり。

今回はここまでです。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
スクリューの金色渋い色しています スタンドは
金ぴかの方がいいかもわかりません。
電動ハブラシの中を削る工具はアイデア品です
突起があると何も入らないのでさすがです。
あきみず
2016/11/20 17:08
あきみず様、コメントありがとうございます。
金色がどうしても上手くメッキ調になってくれません。(涙)
もう少し工夫してみます。

ハブラシは、クレオスの電動ヤスリをヒントに、まだ動くけど、使わなくなった物を再利用しています。
時間はかかりますが、指の入らない所では重宝してます。(笑)
日の丸航空隊
2016/11/20 19:50
細かい部分の修正が続きますね。
電動歯ブラシの流用は、以前からクレオスなどの模型用も同じ形だったので使えるんじゃないかと思ってましたが、本当に使えるんですね(笑)

ホームセンターで売っているメッキ調スプレーは私も以前買って使ってみたものの、全然メッキぽくなかったのでがっかりした覚えがあります。
金メッキの模型用の塗料って出てないんですよね。
何かいい方法があればいいのですが。
ヒロシ
2016/11/21 09:25
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
全てのパーツに「ヒケ」、「バリ」、「メクレ」、「パーティングライン」があるので、修正に時間がかかります。
2〜3パーツの修正で1日が終わってしまうこともあります。

メッキ調スプレーにはガッカリしました。
どこかの会社で、筆塗りでもメッキが出来る塗料を出していますが、工業用なので、量も値段も半端無いです。
セラコンで磨いても輝きがでないので、このままいこうと思います。
日の丸航空隊
2016/11/21 13:05
やはり、年代ものだけあって一筋縄ではいかないようですね。修正に告ぐ修正、お疲れ様です。(笑)
それにしても、一つ一つのパーツがでかいですね!前鐘楼の大きさなんか、指との比較から察するにウヘッて感じですものね。塗料も大食いしそうですね。
かりめろ
2016/11/21 17:37
かりめろさん、コメントありがとうございます。
二筋、三筋くらいかかりそうです。(笑)
パーツは、今のところ「デカイのばかり」ですが、作業が進むに従って、段々細かくなっていきます。
デカイ割に、精度が今一なので困っています。(笑)
塗装は、ほとんどスプレー缶で行う予定ですが、大量に使うかも知れませんね。
日の丸航空隊
2016/11/21 19:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニチモ1/200 戦艦 大和 4 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる