日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イタレリ1/35 自走203mm榴弾砲 8

<<   作成日時 : 2016/08/03 16:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

こんにちは。

毎日暑い日が続きますが、皆さんお元気ですか?
早めの夏休みをとられる方も多いのではないでしょうか。
家族サービスに、プラモ作りにおおいに励みましょう。

さて、203mm榴弾砲が完成致しました。
この車体を採用した当初、防衛省(当時)は「サンダーボルト」と命名しましたが、現場では「自走20榴」などと呼称しているそうです。
陸上自衛隊最大口径を誇る自走203mm榴弾砲ですが、どんなに頑張っても射程は30kmほど。
発射数も1分間に1.5発。
車体や砲基部は国産ながら、砲身はアメリカから輸入。
と言うことで、次第に多連装ロケットに交代されつつあります。

そんなことを頭に入れつつご覧ください。
画像

画像

画像

画像


スペードを降ろして、最大射角。(写真ファインダーから砲身先端がはみ出してしまいます。)
画像

画像


砲を最大下げ角にして、装填架作動。砲尾栓開け。
画像


このキットは、イタレリでもとても作りやすかったです。
パーツの金型抜きの関係からか、エッジにはテーパーが付いているものの素材が柔らかいので修正は容易でした。
デカールは、厚くもなく、薄すぎることもなく、貼りやすかったです。
ただ、自衛隊仕様のデカールの漢字が「とっても変な漢字」で使えないので、ピットロードの「99式自走155mm榴弾砲」のキットをポチッてデカールの一部を使いました。

ノーマルキットだと、海外部隊仕様になりますが、折角なので自衛隊仕様に変更しました。
実車の写真と「にらめっこ」しながらプラ板と格闘して何とか似た作りになりました。
現役の特科部隊の方が見たら「何だコリャ」と言われそうですが・・・ でも、満足しています。

自衛隊のAFVは、9月に発売される「75式自走155mm榴弾砲」を除いて2台積んであるので、また機会があったら製作記でご紹介したいと思います。


イタレリ1/35 自走203mm榴弾砲

陸上自衛隊 富士駐屯地(御殿場)
富士教導団 特科教導隊 第4中隊所属(仮想)

製作開始:2016.07.18
完   成:2016.08.03

参考資料
・角PCサイト様

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
203mm榴弾砲の完成おめでとうございます。かつ、お疲れ様でした。素晴らしい完成度ですね。貴殿の自衛隊愛がなせる業(技)だと思います。迷彩塗装やウェザリングも決まっていて、見応え十分です。

私もそろそろHe111の製作を再始動しようと思っています。
0-sen
2016/08/03 19:40
0-senさん、コメントありがとうございます。
203mm榴弾砲褒めて頂き、大変嬉しいです。
自衛隊の車両だと、苦手な汚し塗装が少なくて良いんですよ。(笑)
また、海外のものと違って、自衛隊独自の装備品などがあって、面白いです。
戦車だと、粘土でマスキングが出来るのですが、自走砲だと構造が複雑で、マスキングが出来なくてちょっと大変でした。

He111の製作、楽しみにしています。
日の丸航空隊
2016/08/03 20:37
完成おめでとうございます。
改造箇所も全く違和感の無い仕上がり、お見事です。
AFVは作ったことが無いんですが(珍しい奴)
何か作ってみたくなりました。
「われらが戦車」61式か74式でも・・
次作も楽しみにしています。
はつたか
2016/08/04 06:45
はつたかさん、コメントありがとうございます。
褒めてくださって、大変嬉しいです。
詳しい資料が無い中で、よくやったと思います。
AFVもやってみると、飛行機とはまた違った趣があって楽しいですよ。
最初は、タミヤの良品でサクサクと・・・
是非トライしてみてください。
日の丸航空隊
2016/08/04 07:53
完成おめでとうございます。
砲身廻りの可動部も含めて 細かい工作です
見ごたえのある作品になっています
あきみず
2016/08/04 20:53
あきみず様、コメントありがとうございます。
キット自体、可動部分が結構あったので、それを生かすようにして製作しました。
砲台周辺の囲いがあるだけで、雰囲気が変わってきます。
日の丸航空隊
2016/08/04 21:48
完成おめでとうございます。
いや〜カッコイイですね。
戦車とはまた違った凄味があります。

私は早めの夏休みの最中ですが、何かとやることが多くて、模型に専念できません
明日からの3日間は模型づくしといきたいものです(笑)
ヒロシ
2016/08/05 00:33
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
砲尾部に隊員の乗車用兼保護の覆いが付くだけで重量感が増して、凄みも出てきますね。
自衛隊仕様は、短距離移動を主体にしているのか、覆いの部分に数人乗ることが出来るようになっているそうです。
陣地展開や陣地変換がスムーズに行えるようにしたのでしょう。

休みになると、「待ってました」とばかりに色々な用事が舞い込んできますね。
模型専念日を作って、充電期間にしたいですね。
日の丸航空隊
2016/08/05 04:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタレリ1/35 自走203mm榴弾砲 8 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる