日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS フジミ1/72 F/A-18A NASA仕様 2

<<   作成日時 : 2016/07/04 16:05   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

暑いですっ!

7月に入ったばかりだというのにこの暑さは何としたことでしょう。
この調子で「夏本番」を迎えるとなると、数十年前の「東京砂漠」の再来となってしまいそうです。
熱中症に罹る方も増えてきているようですので、水分補給や涼しい場所でのこまめな休憩をとってくださいね。

さて、F/A-18Aは機首部分の合体を行いました。
前回からも言っている通り、機体パーツが「バラバラ」なので合わせるのに苦労しました。
機体後部との繋ぎ目のパーツまで別にするのは勘弁して欲しいです。
画像

しかも、インテークの整流板取り付け基部に隙間が空いてしまいます。
プラ板を挟んで、隙間埋めとパーツの高さ調節を行いました。
画像


レドーム内には、レーダーまでしっかりと表現されています。
レドーム展開はしないので、取り付ける必要もないのですが、一応機首部分の歪み防止と補強を兼ねてつけておきました。
画像

画像


機首部分も何とか形になったので、胴体本体の作業に取り掛かります。
インテークダクトが内蔵される形です。(ハセにはこのダクトは無く、仕切板で対応しています)
ダボもホゾも無い、箱組み式の外板をずれないよう慎重に接着してから、ダクトを取り付けました。
画像


胴体上部パーツをあてがってみたら、下部のパーツの縁がすぼまっていて段差ができるので、内側に梁を渡して広げてあげました。
画像

ダボの受け側の穴も広げておきました。

インテークを正面から見てみると、かなり醜い状態です。
画像

これだと、インテークベーンを付けても絶対に(断言します)綺麗に繋がらないです。

インテークの内側にパテを盛って削り均すしかないので、突き抜け防止と補強を兼ねて「黒瞬」を充填しておきました。
画像

画像


インテークベーンを取り付け、内側にポリパテを盛って、この後の作業の方法を考えます。
画像


今回はここまでです。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。ご無沙汰しているうちに又、難儀なキットに取り掛かられたようですね。この後の進捗が楽しみになってきますね。
そちらは暑さが尋常ではなさそうですね?お体に障らぬよう、F-18と格闘ください。
PS,晴嵐はデカール、52丙・烈風は士の字、紫電改はIの字、九九艦爆はコクピット制作。祭りは継続中です(笑)。
かりめろ
2016/07/04 18:33
かりめろさん、コメントありがとうございます。
暑さで集中力が途切れてしまい、なかなか前に進めないでいます。(滝汗)
こういう手のかかるキットは好きなのですが、パーツの分割は「もう少し何とかならなかったのかな〜。」と感じています。
エアコン、ガンガン回してやっています。(笑)

お祭りも盛況な様子で、何よりです。
5機をほぼ同時進行でやられているのですね。

お互いに、体調に気をつけて頑張りましょう。
日の丸航空隊
2016/07/04 20:14
なかなか大変そうですね。
以前同社の72グリフォンスピットを製作したときにも、機首のカウルが分割になっていて合いが悪く苦労したのを思い出しました。
めげずに頑張てくださいね。
ヒロシ
2016/07/05 17:51
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
バリエーション展開のためなのでしょうかね?
単に、パーツが多ければ精密キットだと思ってなのでしょうか?
機首と胴体のパーツが気持ちよく合わされば、後は他社のキットと同じ構造なので少しは楽になると思います。
めげそうになるときもありますが、完成まで頑張ります。
日の丸航空隊
2016/07/05 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
フジミ1/72 F/A-18A NASA仕様 2 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる