日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イタレリ1/35 自走203mm榴弾砲 5

<<   作成日時 : 2016/07/28 21:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

昨日は、息子達がお世話になっている「板妻駐屯地 納涼祭」に行ってきました。
前にも記事にしましたが、長男は自動車免許取得のために群馬に行っていて逢えないのは承知していたのですが、次男の方には逢うことができました。
当日は、警備の仕事で、じっくりと逢うことができませんでしたが、帰り際にばったりと出くわし、少し話をすることができました。
元気そうで安心しました。

さて、203mm榴弾砲の続きです。
納涼祭に出かける前までに拵えておいた物を、更にほんの少しだけ弄っています。
先ずは「装填架」の修正です。
キットでは「装填架」の砲弾受けと吊り上げ用フォークとが一体可動式になっているので、それぞれを切り離してフォークだけを動かせるようにしました。
画像

画像

画像


装填架を車体に取り付け、砲座周辺の作業が終了しました。
画像


次に「スペード部」の作業を行いました。
ドーザーのような形状をしていますが、この部分で射撃時の反動を押さえるそうです。
(バックで地均しをするための物ではありません。)
スペード部の仕切板のような補強板は、左右のは2枚構造になっているので、プラ板を貼って整形しました。
画像


スペードを上下に稼働させる「アクチュエータ」のピストン軸は後からでは塗装しにくいので、先に塗装しておきました。
画像


スペードの支柱に付く「予備砲弾架」の砲弾押さえが貧弱だったので、ここもプラ板でそれらしく作っておきました。
画像

砲弾架の長さが足りず、スペードに届いていません。

これで一応、スペード部が出来上がりました。
画像


これを車体に取り付ければ、塗装に入れます。

今回は、ここまでです。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタレリ1/35 自走203mm榴弾砲 5 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる