日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS エアフィクス1/72 九七艦攻 6

<<   作成日時 : 2015/12/06 13:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

こんにちは。

先日、息子が休暇で一時帰宅したときに、お土産を持ってきてくれました。
陸自の糧食です。
戦闘糧食一型(所謂、缶メシです。)の「たくあん漬け」です。
画像

中身はこんな感じです。
画像


もう一つは、「乾パン」です。
乾パンの袋の中には、「金平糖」も入っています。
ジャムのようなものを付けて食べるそうです。
画像

休暇のたびに持ってきて欲しいですね。

さて、九七艦攻は、小パーツの取りつけ〜完成に至りました。

1941年12月8日におきた「真珠湾攻撃」の時の第2次攻撃隊、空母「翔鶴」搭載機を作りました。
「翔鶴」隊は、水平爆撃を飛行場やその他の基地施設に行うことを主な任務としてハワイに赴きました。
60kg爆弾6発、250kg1発を抱いて、飛んで行きました。

クルーシーアンテナをシルバーで塗装、ロールバーも取りつけて、キャノピーを接着しました。
画像


爆装類の取りつけをしました。
画像


主脚の取り付けは、キッチリと位置が決まって、気持ちが良かったです。
画像


それでは完成した九七艦攻をご覧下さい。
画像

画像

画像

画像

画像


エアのニューキットと言うことで、組み立ても容易で、どなたにも扱いやすくなっています。
とは言え、タミ○のようなテイストではなく、一応あちらこちらを削ったり均したりしなくてはなりません。
特に、小パーツにはパーティングラインがクッキリ出ている上に、柔らかく脆い材質なので折ってしまわないよう気を遣いました。

デカールは、ほんの少ししか使いませんでしたが、扱いやすかったです。
クリアパーツについては、キャノピーを除いてほとんどのパーツに「ヒケ」がみられました。

次は、主翼を折りたたんだ姿で作りたいです。

エアフィクス1/72 九七式艦上攻撃機
1941年12月8日 ハワイ
第2次攻撃隊 「翔鶴」搭載機 搭乗者不明

製作開始:2015.11.25
完   成:2015.12.06

・シートベルト:和巧社「紙創り 日本軍機用」
・プラグコード:TUNER MODELS社 0.2mmソフトワイヤー

参考資料
・文林堂:世界の傑作機「九七式艦上攻撃機」
・モデルアート:モデルアート社「11月号臨時増刊 真珠湾攻撃隊」
・イカロス出版:「ミリタリークラシックス 九七艦攻と天山」
・各PCサイト様

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
97艦攻完成おめでとうございます。
72では久々の新型キットで さっそく製作記事を
載せてもらえて、気持ちが動きます。
応急迷彩の感じがよく出ています 下面の
爆弾配置も面白くこんな搭載をしていたのかと
感心しました。もう一機は すぐにかかられる
のでしょうか。
あきみず
2015/12/06 19:44
あきみず様、コメントありがとうございます。
エアの新キットは、作りやすかったです。
「翔鶴隊」はこの爆装しかなかったので、他の作例など、違っている所もありますね。

もう一つの九七艦攻も、箱を開けました。
日の丸航空隊
2015/12/06 20:06
97艦攻の完成おめでとうございます。素晴らしい出来栄えですね。ハセガワとは異なり、スジボリもくっきりしていて、個人的にはこう言うスジボリの方が好みです。(ハセガワは繊細過ぎ)
もう1機、主翼折り畳み状態での製作も頑張って下さい。私も隼の製作、再開しました。
0-sen
2015/12/06 20:26
艦攻は翼がでかくていいですね。
スタイルもよさそう。

モールド段階では大げさに見えた
のも組んで塗ったら気にならない
ようですね。

完成おねでとうございます。
taki
2015/12/06 20:42
九七艦攻完成おめでとうございます。
エアの新製品の速攻製作記ではないでしょうか。
出来も素晴らしいですね。

もう1機も頑張ってください。
ヒロシ
2015/12/06 23:25
0-senさん、コメントありがとうございます。
モールドのままだと「?」な感じを受けたスジ彫りも、塗装すると気にならなくなります。
墨入れも、綺麗に入って、気持ちが良いです。
日の丸航空隊
2015/12/07 04:58
takiさん、コメントありがとうございます。
翼のスパンは、48並みに長いです。
スタイルも破綻のない、まとまったキットだと思います。
スジ彫りは、塗装すると気にならないです。
日の丸航空隊
2015/12/07 05:02
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
九七艦攻は、48にしても72にしてもハセしかなかったので、エアで出してくれたことは、嬉しいですね。
ニューキットなので、できるだけ詳しい記事にしようと思いました。
閲覧者の中には参考にされている方もいらっしゃるかも知れませんね。
日の丸航空隊
2015/12/07 05:07
謹賀完成であります。
ぜひ参考にさせていただきます。
はつたか
2015/12/07 23:32
完成しましたね!おめでとうございます。

翔鶴機の塗装作例は極たま〜に見ることがありますが
爆弾装備状態を下面から写したものは
乏しい私の記憶では初めてです。

良いですね〜、作りたくなってきましたよ。
シミヤン
2015/12/08 00:04
はつたかさん、コメントありがとうございます。
結構楽しく作ることができました。
拙作ですが、参考にしてもっと良い物を作って下さい。
日の丸航空隊
2015/12/08 04:22
シミヤン様、コメントありがとうございます。
九七式一号艦攻は、実機の写真がありますが、三号艦攻のは自分もみたことがなかったので、撮ってみました。
コックピットや雷・爆装のパーツがたくさんあって楽しいですよ。
是非作って下さい。
日の丸航空隊
2015/12/08 04:27
ども!デス。
カンパンのチウブはオレンジスプレッドですかね?。
カンパン付随のコンペイトウ、あれは「神」ですねw。
ボソボソ喰ってる合間にいっこ齧るとブワーっと多幸感。
以前南朝鮮軍のカンパン喰ったケド、激マズ!。
コンペイトウも星が無くて白いのばかり。 激マズ!。
レーションたるコンペイトウ、ナゼに着色してるのかも理解してない民族なんだね。
カンパン うめェ!。
apuro
2015/12/08 17:17
apuro様、初めまして。
貴ブログには時々アクセスさせて頂いています。
かつての「九七式中戦車」に驚愕したことを覚えています。
「乾パン」の付属食は、仰るとおり「オレンジスプレッド」でございます。
金平糖は、乾パンにあまりにも味が足りないのと、糖分補給のためだと思います。
その金平糖、今では色々な色があって、楽しめそうです。
乾パンは、「お湯」でも「スープ」にでも漬けて柔らかくして食しても、「そのまま」ボリボリ食しても、お腹がふくれるので、満腹感が得られますね。

我が家では、「非常用」として撮っておくことにしました。

時々は、遊びに来てください。
日の丸航空隊
2015/12/08 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
エアフィクス1/72 九七艦攻 6 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる