日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スウォード1/72 雷電21型 3

<<   作成日時 : 2015/11/10 16:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

皆さん、こんにちは。

気温の降下、上昇が激しくて、鼻風邪気味です。
皆さんも健康には十分に気をつけてください。

雷電の続きの作業です。
前回までは、ロールバーを取りつけていなかったので「仮Tの字」でした。
今回は、このロールバーから。

キットのロールバーは、別パーツになっているのですが、合いがとても悪いです。
ロールバーの前後を削りながら機体と合わせられるようにしたのですが、削りすぎてキャノピーより下がってしまいました。
ロールバー上面にプラ板を貼って、嵩上げしました。
画像


機体に取りつけましたが、まだ低い上に機体とキャノピーのラインに合っていません。
画像


そこで、さらにプラ板を重ねて削りだし、ラインを整えました。
画像


ロールバーが落ち着いたので、アンテナに取りかかります。
アンテナも「イモ付け」なので、補強も兼ねて0.2mmの真鍮線を取りつけました。
画像


コクピット周りが出来上がったので、キャノピーのマスキングをいつもの「メタルック」で行いました。
キャノピー枠があるものの、零戦よりガラス数が少なく、大きいのでマスキングは以外と楽にできました。
画像


機体とキャノピーの取り付けでは、調整をしたにもかかわらず第1風防前に隙間ができました。
画像


隙間は、結構大きい(広い)ので、直接パテを盛ってもドンドン中に落ち込んでしまうので、「固定」と「落ち込み防止」を兼ねて、木工ボンドを流し込んでおきました。(白く見えるところです)
画像


目止めのボンドが乾いたところで、次に「溶きパテ」を盛ってさらに「ヒケ」を埋めました。
画像


溶きパテを溶剤で拭き取って、隙間埋めは完了です。
画像


今回は、ここまでです。

では、また。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも風防と胴体の隙間が、写真を撮ると
見えるんです この方法を使わせてもらいます
パテだけでは、中に入るとどうしようもないので
困っています。溶きパテは 水ペでは
削らないのですね。
あきみず
2015/11/10 21:13
キャノピーの取り付けまで進みましたね。隙間修正に木工ボンドで目止めを施してから、溶きパテを塗布されたのは貴殿ならではの裏技でしょうか?(さすがです。)
老婆心ながら、私はこのような隙間の場合、マイクロスケールの「マイクロ・クリスタル クリア」を使っています。一見木工ボンドに見えますが、乾くと木工ボンド以上に透明になります。透明パーツの代用としても使用出来ますし、クリアパーツ同士の接着にも重宝しますが、入手難なのがネックですね。(貴殿の事ですのでご存知だと思いますが、もしそうなら、無視して下さいね。)
0-sen
2015/11/11 01:38
あきみず様、コメントありがとうございます。
木工ボンドは、乾くと以外に強くなりますし、はみ出しても「水に濡らした綿棒」でふき取れるので簡単です。
溶きパテも、ペーパーがけするとモールドを痛めるので、溶剤で拭き取りしてます。
一度試してみてください。
日の丸航空隊
2015/11/11 05:13
0-senさん、コメントありがとうございます。
クリスタルクリア系の接着剤は持っていますが、手近にあるもので、作業しやすい材料を使ってみました。
木工ボンドは粘着性が高く隙間への流れ込みが少ないし、修正も「水」だけでできるので簡単・便利と思ったからです。
アドバイスありがとうございます。
日の丸航空隊
2015/11/11 05:24
おはようございます。
木工ボンドでキャノピーの隙間を埋める技、いいですね。
今度パクらせていただきます(笑)

昨日は1日第1種電気工事士の定期講習で御徒町でした。
帰りに隣のアキバに寄ってきましたが、塗料などを買っただけでプラモは買わず。
ICMの1/72九七戦がありましたが、あれって前から出てましたっけ?
ヒロシ
2015/11/11 10:22
ヒロシさん、コメントありがとうございます。
講習お疲れ様でした。
木工ボンド作戦どうぞ試してみてください。
自分も、今月末から来月にかけてのお買い物が控えているので、必要な塗料だけを買いました。

ICMの九七戦は以前から出ていたのか把握していません。
もし、ニューキットなら面白いかもしてません。
日の丸航空隊
2015/11/11 13:22
ロールバーの部分の削り過ぎは
「おっと!やっちまったい!!」って感じでしょうか(笑)
簡イキットのクリアーパーツ(キャノピー等)のは
なかなか厳しいところがありますが見事なリカバリーですね。
木工ボンドの場合、硬化後の弾力は大丈夫でしょうか?
小さな隙間なら気にするほどでもないんでしょうか?

横レスになりますがICMの97戦、2〜3種類出ていましたよ。
2〜3種といっても甲、乙だったような記憶が薄っすらと・・・。
シミヤン
2015/11/11 21:27
シミヤン様、コメントありがとうございます。
そう、ロールバーは「おっと!やっちまったい!!」そのものです。
あちらこちらを少しずつ削って合わせましたが、右後部キャノピーがまだ少し浮いています。
木工ボンドは2度塗りして厚みを持たせました。
小さな隙間なら「表面張力」で耐えてくれると思います。

ICMの九七戦、ありましたね。
思い出しました。
ありがとうございます。
日の丸航空隊
2015/11/12 05:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
スウォード1/72 雷電21型 3 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる