日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スウォード1/72 雷電21型 1

<<   作成日時 : 2015/11/06 16:04   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

こんにちは。

隼T型の完成から早くも2日たってしまいました。
今回は、日本海軍機でいきます。
画像

スウォードの2機セットキットの残りを作ります。(積み滅ぼしです。

簡易インジェクションのキットです。
1機はかなり前に作ったのですが、手順などを忘れてしまっているので、思いつくまま作業に入っていきます。
先ずはこの姿勢からです。
画像

機体や主翼には、組み合わせ用のダボなどは一切ついていません。

胴体下部と主翼の付け根にはこの様な段差があります。
画像

画像

この辺りは、周辺の削り込みや接着時の位置合わせで何とかいけそうです。

水平尾翼は「イモ付け」なので、後でピンを挿すなどして対応しようと思っています。
画像


コクピット内部は、レジン製パーツがついています。
画像


レジンのコクピットパーツや操縦席のユニットを接着するガイドが片側にしかないので、寸法をとってプラ板やプラ棒で位置を決めました。
画像


レジンのコクピット側面パーツを切り出し、機体内側に貼り付けました。
画像


取り敢えず、コクピット内をMr.カラー126番「コクピット色 三菱」を塗装しておきました。
画像


この後に、前回苦労した箇所の工作方法を忘れていて、頭の上に???がいっぱい出てきたことは内緒なのだ。

今回は、ここまでです。

では、また。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
隼の次は雷電ですね。しかもスウォードとは!
簡易インジェクションキットならではの組み難さがあるとは思いますが、そこは百戦錬磨のモデラー戦士ですので、心得ておられると思います。モデルアートにも製作レビューが掲載されていたのを覚えています。どんな塗装になるのか、楽しみにしております。

ヒロシ氏から私のブログにコメント頂戴しました。改めて貴殿に御礼申し上げます。有難うございました。
0-sen
2015/11/06 23:33
0-senさん、いつもコメントありがとうございます。
簡イは、パーツ一つ一つに気を配らないといけないので大変です。

ヒロシさんと繋がれて良かったです。
日の丸航空隊
2015/11/07 05:10
こんばんは。
簡易インジェクション、手強いですよね。
スォードのノースアメリカンT−28B、なかなか進みません。しかも2機コンボ(空自・米軍)ですし。
ではまた。
はつたか
2015/11/07 23:18
はつたかさん、コメントありがとうございます。
簡イは、兎に角パーツの合いを見ながらの作業が続くので、面倒です。
トロージャンを手がけていらっしゃるのですね。
頑張って完成させてください。
日の丸航空隊
2015/11/08 07:04
スォードのキットは必ず2機入りですよね。
簡イもちょっと前までのMPM系列のAZUR、スペシャルホビーや
クラッシックエアフレームにくらべ
モールド精度が上がったといいましょうか。
でも愛はそれなりのようですね(笑)
簡イキットもご無沙汰です(いろいろキットは持っているんですが元気がなくなりました(笑))
シミヤン
2015/11/08 11:47
シミヤン様、コメントありがとうございます。
スウォードのキットは、モールドは確かに精度が良いと思いますが、そこはやはり簡イ。
各部の合わせ目はかなりダルイ感じです。
プラモ製作の原点に戻るのには、簡イを弄ると良いかも知れませんね。
日の丸航空隊
2015/11/08 13:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
スウォード1/72 雷電21型 1 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる