日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS フジミ1/72 隼T型 #6

<<   作成日時 : 2015/11/04 13:25   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

皆さん、こんにちは。

このところお天気も良く過ごしやすい感じですね。
テレビや新聞の広告などでは、クリスマスのCMが流れていたり、おせち料理の予約注文の文字が出ていたりと、確実に冬に向かっているのを感じます。

さて、隼T型が完成したのでご報告申し上げます。
この機体は、飛行第11戦隊の戦隊長の乗機です。
資料本などでは、昭和17年10月ビルマ(現:ミャンマー)となっていますが、この時期にこの戦隊はニューギニア方面に第1戦隊と共に赴いていた時期と重なります。
胴体の日の丸や味方識別帯が描かれている事からもビルマ戦線ではなくニューギニア戦線と思われます。

ビルマからニューギニアに向かう直前の姿なのかも知れません。
迷彩塗装は、「雲形迷彩」のままの隼がニューギニア・ラバウルなどでも見られるので、この機体も塗り直さないで赴いたと考えられます。

前置きが長くなってしまいました。
それではご覧下さい。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


フジミのキットは今回のように作りやすいものとそうでないキットがあったりして面白いです。
車輪などは、自重変形状態まで表現されています。
翼後縁なども薄く表現されていて、感心しました。
ただ、金型起こしの時に古い図面を参考にしたのか、パネルラインに過不足があったり、本来ついていないはずの着陸灯が表現されていたりしています。
製作時には気をつけたいところですね。
尾翼の戦隊マークのデカールには前縁の白部分がほとんど無かったので、下地に白を塗っておいてデカールを後方にずらして貼り付けました。
また、このデカールは、隼U型用なので、日の丸が大きいです。
胴体の日の丸の大きさが丁度良かったので使ってしまったため、主翼の日の丸も色合いを合わせる都合上、U型のものをそのまま使ってしまいました。
塗装にすれば良かったのかも知れません。

何だかんだ言っても、作りたかった機体を作ることができたことに喜びを禁じ得ません。

チャイニーズ・オスカーも積んであるので、そのうち作りたいと思っています。

フジミ1/72 中島Ki-43 隼T型

飛行第11戦隊 戦隊長 杉浦勝次少佐 乗機
昭和17年10月 ニューギニア・ラバウル(としておきます)

製作開始:2015.10.27
完   成:2015.11.04

・シートベルト:和巧社「紙創り 日本軍機用」
・アンテナ支柱:0.4mm真鍮線を潰したもの
・オレオブーツ:TYNER MODELS社0.2mmソフトワイヤー
・デカール:エアロマスターデカール

参考資料
・文林堂:「世界の傑作機 隼」
・大日本絵画社:「エアロディティール 隼」
・光人社:「図解・軍用機シリーズ 隼/鍾馗/九七戦」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
完成おめでとうございます。
ひとつ前のエントリーにコメント入れようと思ったら、もう完成とは・・・早い!
なかなか派手なマーキングでいいですね。

デカールはちょっとデリケートなようでしたが使用できて良かったですね。
1型だと主翼の着陸灯は無いのですが、ハセガワの48にもあるんですよね。
もしかすると1型以降のタイプとパーツを共用するためなのかもしれませんが、作る方としては修正など面倒ですよね。
ヒロシ
2015/11/04 14:01
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
このところの乾燥した天気にも恵まれて、デカールの乾燥も早かったみたいです。
セミグロスクリアーは、慎重に吹きましたが。
デカールは尾翼のマーキングは発色も良かったのですが、堅かったです。
他のデカールはデリケートで、簡単に皺ができてしまいます。

ハセガワ48の隼は、T型とU型共用(翼端パーツの差し替え)なので、先に発売されたU型のものを使ったと思われます。
製作する方としては面倒ですが、メーカーとしてはコスト減になるのでしょうね。
日の丸航空隊
2015/11/04 15:35
隼I型の完成おめでとうございます。私が目指している塗装ですので、大変参考になります。綺麗に塗装された完成スタイルは、貴殿の技術の高さを証明しているように思います。素晴らしいですね。
味方識別帯はデカールでしょうか? それとも塗装されたのでしょうか? 写真を拝見して塗装されたように見えるのですが、濃緑色の上にオレンジ色の塗装はどうされたのでしょうか? 綺麗に発色していますね。
私も年内完成を目指して製作に勤しもうと思っています。

一番上のコメンターのヒロシ殿へ、こちらも日の丸航空隊殿と同じ機体をハセガワ1/48で製作中です。ブログ主氏のような腕は持ち合わせていませんが、もし良ければ私の稚拙ブログにお邪魔して頂ければ嬉しいです。←日の丸航空隊殿へ、貴殿のブログにこんなPRコメントを書き込み申し訳ございません。どうかお許し頂きたいと思います。同じ趣味を持つ仲間と少しでもコミュニケーションが取れたらいいなと思い、この場をお借りさせて頂きました。ご都合が悪ければ削除して頂いて結構です。
0-sen
2015/11/04 19:28
0-senさん、コメントありがとうございます。
稚拙な作品で、申しわけありません。
味方識別帯は、機体塗装後にマスキングして塗装しました。
機体塗装→マスキング→白塗装→橙黄色の順です。

ヒロシさんは、現役のプロモデラーです。
模型雑誌にも作例が載っていますので、目にしたことがたくさんあると思います。
私を仲介とされたことは全く問題ありません。
お気になさらなで下さい。
日の丸航空隊
2015/11/04 20:04
完成おめでとうございます。
派手な機体ですね〜。
でもセミグロスのせいかしっくりと落ち着いた派手さ・・・なんとい書けばいいんでしょう?
渋い派手・・ちがうなぁ。
分かります?書きたい表現が出なくてもどかしいです(笑)

陸軍機は海軍機と違って、こういうところは緩め?ですよね。
(放置の72隼Uがあったのを思い出してしまった…
シミヤン
2015/11/04 20:08
シミヤン様、コメントありがとうございます。
派手でしょ〜。
セミグロはいつも使っているので、この色艶に惚れています。
仰りたいことはよく分かりますので、ご安心下さい。
陸軍さんは、海軍さんと違って、部隊や戦隊ごとに自由に任せていたそうですね。
部隊・戦隊マークなども、兵隊さんに公募を出して決めていたそうです。

放置キットはどんどん成仏させましょう。
日の丸航空隊
2015/11/04 20:28
初めましてこんばんは。
たまたま流れ着きました、大阪在住の模型好きです。
フジミの隼T型、私も先日完成させました。
主翼の着陸灯、うっかり付けてしまいました。
資料はしっかり確認せねば・・
またお邪魔します。どうぞよろしく。
はつたか
2015/11/05 23:23
はつたかさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
フジミの隼を作られたのですね。
資料も、実機写真を見ると良いですよ。
いつでも遊びに来てください。
宜しくお願い致します。
日の丸航空隊
2015/11/06 04:51
遅くなりました。隼完成おめでとうございます
戦隊長機の 垂直尾翼のマーキングが 派手です
迷彩が入っているのも 珍しいです
いつも見慣れないマーキングで 製作される
のが 楽しみです。 
あきみず
2015/11/06 22:20
あきみず様、いつもコメントありがとうございます。
ご要望に従って、戦隊長機で作りました。
尾翼の派手なマーキングは、11戦隊の1・2・3中隊全てのマーキング色を描いてあるそうです。
また珍しい塗装やマーキングの機体を見つけたら作りたいです。
日の丸航空隊
2015/11/07 05:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
フジミ1/72 隼T型 #6 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる