日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤ1/35 軽装甲機動車 2

<<   作成日時 : 2015/09/07 16:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

またまた雨でスタートした週間となりました。

軽装甲機動車は、足回りや室内の作業を行いました。
シャーシは、このキットが発売された当時、タミヤが盛んに取り入れていた「ダイキャストシャーシ」です。
一応サフで下地は整えられているのですが、そのままでは塗料が全く載ってくれません。
マスキングなどしようものなら、剥がすときに塗料も一緒に剥がれてきてしまいます。
画像

240番くらいのペーパーでガシガシ表面を均し、徐々にペーパーの目を細かくしていきました。
念のため、メタルプライマーも塗布しておきました。
サフはかなり厚く塗装されているので、思い切りペーパーをかけてもダイキャスト地は出てきません。

シャーシ下面を塗装しました。
塗料も剥がれずに済みました。
画像


前後のアクスルアッセンブリです。
カチッと決まって、気持ちが良いですが、リアデフの取りつけ接着部分が小さく面積も少ないので、注意が必要です。
画像

後にリアアクスルを2回ほど外す結果となったのは内緒なのだ。

アクスルアッセッブリをシャーシに取りつけました。
説明書では「ショックバンパーは接着しない」となっていますが、これは「ウソ」です。
組み立てた後に「ポロリ」と落ちてきますので、しっかり接着しておいた方が良さそうです。
画像

下地のサフが厚吹きなので、各パーツがきつくてなかなかピタリと嵌ってくれませんでした。

前後のブレーキです。
ブレーキキャリパーには綺麗なモールドが施されています。
でもこれ裏側なんですよね。
画像


で、こちらが表側です。
ノッペラボウです。
画像


おまけに、リアブレーキのディスク面には押し出しピンの跡があるので、パテ埋めしておきました。
画像

まあ、ホイールがアーマー仕様なので、タイヤを付けちゃうとほとんど見えなくなってしまうので、これで十分なのでしょう。

室内にシートや消火器を取りつけてビス止めしました。
至ってシンプル(軍用なので当たり前か)です。
画像

画像


ダイキャストシャーシは、重量感が得られるのと歪まないと言う点では実に有効なパーツだと思いますが、他のパーツの取りつけにやたらと気を遣うのと、接着剤をいちいち変えなくてはいけないと言う点では使いづらいパーツだと思いました。
48AFVがダイキャストシャーシを止めたのは正解だと思いました。

と言ったところで、今回はここまでです。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
またまたお邪魔します(笑)
ダイキャストシャーシのレポートありがとうございます。
私も48のソ連戦車(T-34やKV-1)を積んでいるので製作の際注意します。
雨が続いておまけに台風も近づいていますがこのあとも頑張ってくださいね。
ヒロシ
2015/09/08 20:09
日の丸航空隊殿、今晩は! 雨の方は大丈夫でしょうか? 台風の影響が心配ですね。

>48AFVがダイキャストシャーシを止めたのは正解だと思いました。⇒ん〜、私とは逆の考えをお持ちのようですね。私は寧ろダイキャストシャーシを復活して貰いたい派です。そもそも1/48MMシリーズはこのダイキャストシャーシが売りだった筈で、タミヤも相当力が入っていたように思います。ところが、キット開発が停滞するに連れて、ダイキャストシャーシが不必要のアイテムばかりキット化し、ある時を境にダイキャストシャーシの代わりにウェイト用の金属パーツを同梱するようになりました。コスト面や製作難度の事もあっての変更だと思いますが、私には残念に思いました。(同じように感じているモデラーも多数います。)
1/35と1/48では状況が異なるとは思いますが、1/48でタイガーTやシャーマンを完成させた時は、それほど違和感なく製作できました。確かに、接着剤の問題や、サフ処理の問題もあるとは思いますが、塗装する時も問題なく塗装出来ました。サフを剥がすなんて事はなかったですね。単に重量感を出すのなら、最初からダイキャストではなく、単なる錘でも良かったように思いますが…。(私の個人的な考えですので、その点ご理解下さい。)

マウスの履帯、漸く両側分の連結が終了しました。(現在、離型剤落としの為、洗剤風呂で入浴中です。)
0-sen
2015/09/09 00:05
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
初めてダイキャストなる物を扱ったので、要領が分からず難儀しました。
48の戦車なら、外側だけの塗装なので、そんなに問題は無いでしょうが、ペーパーがけは必要かと思います。(笑)
参考になれば幸いです。

雨と台風、お互いに気をつけていきましょう。
日の丸航空隊
2015/09/09 05:20
0-senさん、コメントありがとうございます。
雨と台風は今日がピークらしいです。
ご心配頂き、ありがとうございます。

ダイキャストなる物を初めて扱ったので、要領を得ず、難儀しました。
シャーシ外側は比較的簡単な表面処理で事なきを得ましたが、室内側はサフがたっぷりな上に、何やら表面処理剤みたいな物がついているらしく、塗装後に十分に乾燥させてからマスキングをして、他所塗装後に剥がしたら、折角の塗装が全部剥がれてしまいました。
そこで、ペーパーがけを施した訳です。
戦車などは外側だけの塗装で済むので、軽くペーパーをかけるだけで普通に塗装できると思います。
確かに重量感や丈夫さは実感できますが、塗装や接着の煩雑さから、他のユーザーからは評判が悪かったみたいですね。
また、金型がすぐに傷んでしまうようで、コスト面でも痛手なのでしょうね。

マウスの履帯が出来上がったようで、おめでとうございます。
剥離剤が鬼門ですが、綺麗に落ちると良いですね。

日の丸航空隊
2015/09/09 05:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
タミヤ1/35 軽装甲機動車 2 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる