日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/72 四式戦 疾風 2

<<   作成日時 : 2015/07/29 16:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

皆さん、お元気ですか?
バテてませんか?

先日の暑さで、危なく「熱中症」になりかけました。
お昼過ぎに出かける予定があったのですが、「眠くて」「だるくて」「吐き気がして」で、何もできないまま「水分補給」と「エアコンガンガン」で現状をしのいでいました。
夕方涼しくなったところで、前出の症状は治まり一安心したのですが、出かける予定の先方様に連絡を入れるのをすっかり忘れていることに気がつきました。(と言うより、出かけることすら忘れていました)
家の中にいても危ないですね。
皆さんも、気をつけてください。

気を取り直して、四式戦の続きは、コックピット関係を。
先ずは、シートですが、背当てが「防弾板」を兼ねていて、とても分厚くなっていましたので薄く削りました。
画像

上:加工済み 下:キットのまま

さらに、背当ては防弾板を兼ねているので、シート高がコックピットから飛び出しています。
背当ての高さは、コックピットのふちとほぼ一緒の高さなので、約1mmほど低くなるように削りました。
画像

左:削った物 右:キットのまま

ついでにシートの「軽め穴」もあけてみました。
画像


シート高を低くしたので、当然胴体後部には何もなくなってしまいます。
「防弾板」があるように見せるため、プラ板にシートの背当て部分をトレースして切り抜きました。
画像


機体に貼り付けました。
画像


コックピット側壁は前回では弄ったのですが、完成後全くと言っていいほど見えなかったので、今回は「青竹色」を塗っただけで済ませました。
画像


メーターパネルは照準器のパーツと一体なので、クリアーパーツです。
メーターのデカールを貼って機体に取りつけた後、パネルの裏側から黒く塗っておきました。
画像


操縦桿は、キット指定の位置に付けると、メーターパネルにあたってしまうので、一穴分シート寄りに穴を開け直して取りつけました。
画像

操縦桿の握り部分は「斧」みたいな形だったので、それなりに見えるように整形しておきました。

大戦末期の機体を作ろうと思っているので、シートはシルバーで塗って、使い込んだ感じを出して見ました。
ベルトは「紙創り」の腰ベルト部分だけ使っています。
画像

日本陸軍機のシートに肩ベルトまで丁寧に付けて海軍機みたいにしてある作例を見ますが、陸軍機のほとんどは不時着時などでキャノピーが開けられなくなったような時に、シートを回転させてパイロットは機体後部のアクセスパネル部分から脱出したようなので、腰ベルトだけの機体が多かったと聞いています。

今回は、ここまでです。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
疾風の製作は順調に進んでいるようですね。コクピット内部は青竹色で塗装されたようですが、これは貴殿の方で何か根拠があっての事でしょうか? 私は過去1/48を製作した時はMr.カラーのC126とC127を1:1で調合して使用しました。貴殿の考証力の確かさは私も見習わなくてはと思っています。
猛暑の毎日です。熱中症には充分ご注意下さい。下手すれば命に関わります。(私も仕事場で熱中症で倒れた人を何度も見ていますので、侮るなかれ!)
0-sen
2015/07/29 17:32
いかにも発売当時のコックピットの再現様ですね。
それでも当時としてはコックピット再現だけでも
随分と感動ものだったような記憶があります。
それでも同社72鍾馗なんかはバスタブ型ですけど(笑)

あ、そうそう「青竹色」もいいんですが
クレオス「メタリックグリーン」も使いようによってはいい味出ますよ。
現存機写真でもどちらにも見える写真も結構ありますんで、機会があれば是非お試しください。
(私の作例に結構使っています。
というか、メタリック系ならそちらが主流かもしれません)
シミヤン
2015/07/29 20:21
0-senさん、コメントありがとうございます。
コックピットの「青竹色」には諸説ありまして、マタリックブルー系とか緑がかったブルーとかありますが、根拠はありません。
現存するのは複製機であり、正確では無いでしょう。
気になる点ではありますが、今回は調色した在庫が減ってきているのも原因の一つです。
気にしつつもこの色で行きました。

熱中症の初めだったのかも知れませんね。
怖かったです。
以後気をつけて参ります。
日の丸航空隊
2015/07/29 20:38
シミヤン様、コメントありがとうございます。
↑でもコメントした通りで、気にしつつも調色在庫が心配で、通説通りにしてしまいました。
次回からは、グリーン系の色でいきたいと思っています。
ご教授ありがとうございました。
日の丸航空隊
2015/07/29 20:43
関東のほうは、厳しい暑さが続いているようです
家の中にいても、無意識のうちに 熱中症に
なるのは 怖いです 水分補給を絶やさないで
一日でよくなられて良かったです。
陸軍機のシートベルトは そういう経緯が
あるのですね 参考になります。
コクピットの仕上がりも、キッチリできあがって
手慣れたものです。
あきみず
2015/07/29 21:20
あきみず様、コメントありがとうございます。
心配して頂き恐縮です。
陸軍機一式戦〜五式戦までのシートは可倒式になってますね。
コックピット、今回は相当の手抜き加工で恥ずかしいです。
日の丸航空隊
2015/07/30 05:20
熱中症大事に至らずなによりです。
この暑さでは家の中でもエアコンをつけていないと危ないですね。

日本機のコクピット色、大戦末期では混乱もあったでしょうから統一されていなかったかもしれませんよね。
72スケールで完成後も良く見えないのなら、それほど作りこむ必要もないでしょう。
ま、自己満足の世界ですから(笑)
ヒロシ
2015/07/30 10:49
ヒロシさん、コメントありがとうございます。
ご心配をおかけして申し訳ありません。
今は、元気にしていますが、家の中でエアコンつけていてもこれですから、気をつけたいです。

コックピット色は諸説あって、絞り切れません。
なので、今回は「自己満」で「青竹色」でいきました。
日の丸航空隊
2015/07/30 13:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハセガワ1/72 四式戦 疾風 2 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる