日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/72 零戦52型丙 2

<<   作成日時 : 2015/06/17 16:01   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

皆さんこんにちは。

九州では大雨、関東北部ではダウンバースト、浅間山の小噴火と何やら「天変地異」が起きている感じです。
近くにお住まいの方々が心配です。
また、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

さて、52型丙の続きの作業です。
前回は、コックピットの塗装準備まででしたが、そのコックピット塗装から始めます。
三菱製の機体なので、内部色はMr.カラー126番「コックピット色(三菱系)」を使いました。
画像

シートベルトはタミヤのデカール、メーターパネルの計器類はキット付属のデカールを使い、アッサリと仕上げました。

このキットもコックピットが後嵌めできるので、先に機体を貼り合わせ、合わせ目消し後に機体下部の接合線を彫り足しました。
画像


機体の貼り合わせが落ち着いたところで、コックピットを組み込みました。
接着点が4箇所の点付けしかないので、キットに入っていた半○のランナーを補強剤として使いました。
画像


一応「仮Tの字」になりました。
画像


キャノピーを「メタルック」でマスキングし、木工ボンドで仮付けして「本Tの字」になりました。
画像


主翼上面のパネルラインが一部変な形で彫られていたので、「黒瞬」で消した後筋彫りの修正をしました。
画像


主翼の整形後機体に接着しましたが、機体との合わせ目にほんの少しだけ隙間ができてしまったので、「溶きパテ」で埋めておきました。
画像

画像


余分な溶きパテを薄め液で落として「十の字」になりました。
画像


今回はここまでです。
次回は塗装に入りたいと思います。

でわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
日の丸航空隊殿、今晩は!
いや〜、いつ拝見しても手際の良い製作に感心してしまいます。このキットは昔APシリーズとして発売されていたキットのバリエーションだと思いますが、私もAPシリーズの零戦52型は完成させています。プロペラシャフトがただ挿し込むだけ(抜け止めがない)とか、主脚の取り付けが甘いなどの問題点もありますが、当時としては良く出来たキットでした。
キャノピーのマスキングですが、メタルックについて詳しく教えて頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。
0-sen
2015/06/17 19:19
0-senさん、いつもコメントありがとうございます。
AP帯のシリーズですね。
仰るように、色々な問題箇所もありますが、タミヤの零戦が出るまではベストキットでしたね。

メタルックですが、発売元は「モデラーズ」と言う会社ですが、現在は「品切れ」状態のようです。
ショップさんでも、在庫があまり無いようなので、見つけたら即買いでしょうね。
極薄の糊付きアルミ箔で、曲面にもよく馴染んでくれます。
カーモデルの窓枠やモールなどに使われる事がおおいようです。
極薄なので、凹凸モールドがハッキリ見えて今のところ自分には使い勝手が良いです。
キャノピー枠より少し大きめに切り出し、綿棒で面にシッカリ馴染ませ、浮き上がってきたスジをデザインナイフで切り出します。
馴染ませ方が強すぎると破けたり、剥がしにくくなったりしますので、そのあたりの塩梅は慣れでしょうね。
マスキングテープより薄いので、塗料も厚くならないので重宝しています。

取り敢えずこのくらいでよろしいでしょうか?
まだ不明なところがございましたらいつでもお尋ね下さい。
日の丸航空隊
2015/06/17 21:25
排気管のパッチの大小違い パネルライン等、細かい考証も、見えなくなる軽め穴など 手が尽くされています。見習わなければなりません
この所何もさわらずに 組み立てる事ばかりで
すましています。
あきみず
2015/06/17 21:28
あきみず様、いつもコメントありがとうございます。
「組み立てる事ばかり」、それはそれで良いのではないでしょうか。
自由に作れるところが模型の楽しさですから。

排気管のパッチは、写真でも小さい物だと確認できますので、これだけはやった方が良いと思いました。
後のは、自己満足の世界です。
日の丸航空隊
2015/06/17 21:51
メタルックは現在絶版状態なので何処からか新しく出して欲しいですね。
似たようなものが別のメーカーからも出ていたと思いますが、それも今では見かけません。
特に72スケール以下の窓枠の塗装に重宝するので大事に使っているのですが、時々カーモデルにも使用しているので残りあと僅かです
ヒロシ
2015/06/18 08:40
ヒロシさん、いつも気持ち玉&コメントありがとうございます。
メタルックは絶版に近いですよね〜。
先ほど密林に在庫があったので、2枚ほどポチリました。
これで少し安心です。
日の丸航空隊
2015/06/18 09:26
再登場です。
メタルックについての情報有難うございます。こちらでもアマゾンで探してどう言うモノかの確認は出来ました。今までこう言う類のモノを使った事が無く、いつも苦労する風防のマスキング材として重宝するのなら私も使って見ようかと思っています。ハセガワから出ているアプリケーションシートってどうなんでしょうね?
どうもお手数おかけしました。
0-sen
2015/06/19 00:08
0-senさん、コメントありがとうございます。
ハセガワのアプリケーションシートはまだ使ったことが無いので、使い心地など詳しくは分かりません。(汗)
半透明で、曲面にもよく馴染むと言うことですので、現用機のキャノピーや大型大戦機などには使い勝手が良いのではないでしょうか。
零戦のように小さくて枠の多い物に対してはどうなのでしょう。
今度、機会があったら試してみようと思います。(笑)
日の丸航空隊
2015/06/19 04:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハセガワ1/72 零戦52型丙 2 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる