日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/72 零戦52型丙 4

<<   作成日時 : 2015/06/21 16:10   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

皆さん、こんにちは。

52型丙が完成しました。
フィリピン戦の最中に、連合軍の航空基地があるモロタイ島に襲撃をかけ不時着し、オーストラリア軍に鹵獲された元221海軍航空隊の機体と思われる、三菱製零戦52型丙です。

昭和19年10月に生産が開始され、同年10月24日にモロタイ島に襲撃に出ているので、生産後すぐに配備された機体と思われます。

製作していて面白いと思ったり、迷ったりしたことがあったので以下に書いてみました。
・製造番号は「三菱第5622号」で確かに丙型なのですが、排気管の耐熱板が初期の零戦52型と同じ小さい物がついていること。
・丙型は機首左側の7.7mm機銃が取り払われ、ガス抜き穴も塞がれているのにこの機体にはその穴が確認されること。
・主翼下面についている「ロケット弾」のラックが写真では見えないこと。

できたてホヤホヤの機体をすぐに改修することも無いだろうと思いつつ、ラックを除いてキットを資料のように作ってみました。

画像

画像

画像

画像


人間の目の高さで見ると
画像

画像

画像

画像


ハセガワのベテランキットの域に入っているキットですが、細かなことを言わなければすんなり作れる好キットだと思います。
タ○ヤのキットと比べてはいけません。(生産時期も違うので、比べても意味が無いように思いますので。)

ただ、「コンボ」キットは止めて、単品で出して欲しいですね。
金型の費用やコストなどの大人の事情もあるとは思いますが、ハセガワさん「もっと頑張って!」と思います。

まだまだ零戦シリーズは続きますが、立て続けだと「飽き」がきちゃうので、次回は「違う物を」と思っています。

ハセガワ1/72 零式艦上戦闘機52型丙
元第221海軍航空隊所属機(と思われる)
1944年11月 モロタイ島 

製作開始:2015.06.15
完   成:2015.06.21

・シートベルト:タミヤ1/72 零戦22型デカール
・プラグコード:TUNER MODELS社 0.2mmソフトワイヤー
・耐熱板:プラストライプ 0.14X0.5mm
・国籍マーク:ライジングデカール「Dying Sun Pt.W」

参考資料
・光人社:野原 茂著「囚われの日本軍機秘録」
・文林堂:世界の傑作機「零式艦上戦闘機22〜63型」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
完成おめでとうございます。
私も以前この機体を作りましたが、日の丸航空隊様には到底及ばない出来です。(大体私はそんなに考証をしませんでしたしキット素組みに塗装でしたから...)
私は現在製作中のキットの風防塗装に失敗しまして製作意欲が削がれて進んでいません。
更新楽しみにしています。
では失礼致しました。
九六戦
2015/06/21 17:02
九六戦さん、いつもコメントありがとうございます。
たった2〜3枚の写真(しかもモノクロ)から読みとれる情報は限られてしまいますね。
今回は(も)相当悩みましたが、「エイヤッ!」の勢いで製作しました。(笑)

風防塗装の失敗はテンション下がりますね。
上手くリカバリーできると良いのですが。

話は変わりますが、差し支えが無ければ、貴殿のサイト名及びURLなどお知らせ願えますでしょうか。
日の丸航空隊
2015/06/21 17:29
ハセガワ1/72零戦52型丙の完成おめでとうございます。前作の白から今回はシルバーですね。シルバー塗装が綺麗に仕上がっており、貴殿の塗装技術の高さが良く分かる出来だと思います。(ライトニングの製作でシルバー塗装の難しさは体験済)考証にも抜かりがなく、やや旧いキットながら古さを感じさせないのはさすがです。キットの素材自体が当時としては良く出来ていたキットですので、現在でも充分通用すると思います。(T社キットと比較するのはナンセンスですね。)発売当初は1,200円(税抜き)だったと思いますが、現在はコンボ(限定品?)でしか手に入らないのでしょうか? 私もこのコンボ(同一機種)形態での発売には反対です。無駄な買い物を強いられてしまうように思えるからです。欲しい人は単品キットでも複数個購入するのですから、その辺理解して欲しいものですね。ハセガワには以前の「飛行機のハセガワ」を取り戻して欲しい気がしてなりません。秋には久々の完全新金型キット(九五式水偵だったかな?)が登場予定で、今から楽しみです。間違いなく購入します。
0-sen
2015/06/21 17:36
0-senさん、いつもコメントありがとうございます。
いやいや、シルバー塗装は何回やっても難しいです。(それだけに挑戦したい分もありますが)
仰るとおり、T社との比較はナンセンスだと思います。
単品キットも購入できますが、入荷がコンボに比べて遅いのがネックですね。
「飛行機のハセガワ」の復活を願いたいですね。
九五式は旧作キットを持っていますが、このキットも「カタパルト」付きで、値段が高いのが悩みですね。
新金型なら、「ドーリー付き」で出して欲しかったです。
日の丸航空隊
2015/06/21 20:14
いつもながらの 素敵な仕上がりで 
銀色の零戦が、引き立っています。
捕獲機がこんなに揃うと 博物館も
顔負けになります このシリーズ
続けてください。
あきみず
2015/06/21 21:20
完成おめでとうございます。
捕獲機故に写真が残っているから作れるわけですが、少ない写真から情報を得るのはなかなか大変ですね。
でもわからない部分は想像するのもまた楽しみの一つでしょう。

この零戦シリーズなかなか面白いんですが、拝見しているともう自分では作らなくてもいいや的な考えが強くなってきて、ますます零戦作らなくなりそうです(笑)
ヒロシ
2015/06/22 00:47
あきみず様、コメントありがとうございます。
シルバー塗装は奥が深いですね。
なかなか思ったようにはいきません。
零戦の鹵獲機はこれで打ち止めにして、他の機体になるかも知れません。

日の丸航空隊
2015/06/22 04:28
ヒロシさん、気持ち玉&コメントありがとうございます。
少ない情報で作っていくのがしんどくなりました。

>作らなくてもいいや・・・
大変申し訳なく思います。
ドンドン作って下さい。
日の丸航空隊
2015/06/22 04:34
3,4日サボって閲覧していなかったら、もう完成ですか!!!。すみません、3日遅れで…(-_-;)。
とにかくご完成おめでとうございます。いつもながら思うのですが、零戦一つとっても捕獲機あり、美しい銀色ありと、とても青葉マークの私には大変勉強になります。
これからも日の丸さん流の捻った作品をドシドシ造って下さいネ♡。
yan
2015/06/24 21:54
yanさん、コメントありがとうございます。
零戦は、大好きな飛行機なので、どうしても力が入ってしまいます。
その割りに、技術的進歩が無いのですが
また珍しい機体を見つけたら作りたいと思っています。
日の丸航空隊
2015/06/25 04:49
大変大変遅くなりましたが
完成おめでとうございます。

個人的には前回の白塗装零戦と違ってこちらのほうが
なんとなくしっくりくるような気がします。
シミヤン
2015/06/25 20:57
シミヤン様、コメントありがとうございます。
白い零戦は、あまりというか、ほとんど見かけたことがないのでそのように感じるのかも知れませんね。
日の丸航空隊
2015/06/26 05:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハセガワ1/72 零戦52型丙 4 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる