日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/72 屠龍丙型 2

<<   作成日時 : 2015/05/30 16:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

皆さん、こんにちは。

屠龍の続きです。
コックピットは後から嵌めることができるので便利ですが、接着面が少ないので少々心配ではあります。
画像


タミヤの白蓋でしっかりととめた後、キャノピーをマスキングし、機体に取りつけました。
画像


次に、主翼の作業です。
キットは、甲・乙・丙・丁型共通のパーツが使われているので、着陸灯もふさがれています。
ガイドに従って切り取りすると、丙・丁型の着陸灯ができます。
画像

画像


切り取っただけでは、中が「ガランドウ」になってしまうので、プラ棒で仕切を作っておきました。
画像


さらに、エンジンナセルの外側に排気口の穴があるのですが、キットでは浅い凹モールドで表現されているだけなので、ピンバイスで新たに穴を開け、内側からプラ板で目隠しをしておきました。
画像

画像

画像


今回はここまでです。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ここのところサボり癖重症でご無沙汰してしまっています(苦笑)

屠龍いかれたんですね。
このきっと出た当初に作った記憶があります。
双発機の割にはなかなかコンパクトな機体だなと思いました。

作っておられるキットの箱絵はニチモ1/48箱絵と同じ機体ですね。
(1/72 グンゼ/レベルも同じじゃなかったでしょうか。)
この機体、ニチモでチャレンジしましたがスピナー塗装でくじけました(笑)
シミヤン
2015/05/30 19:56
シミヤン様、お久しぶりです。
貴殿の製作記に「屠龍」ありましたね。
箱絵は、レベルのに似ていますね。
ニチモのは、最初からスピンナーでくじけそうな気配があったので、違う塗装で作りました。
今は、埃だらけになってぶら下がっています。
日の丸航空隊
2015/05/30 21:07
(飛行第二四四戦隊基地近くより悩みの相談です)キャノピーのマスキングがいつもうまくいかず窓枠が太くなったり、汚くなったりです。窓のアクリル一枚毎に紙テープをカットしてマスキングをしてらっしゃるのでしょうか? それとも一部メーカーで出ているようなキャノピーのマスキングシールのシートみたいな物をお使いなのでしょうか…?
pocopen
2015/06/01 22:38
pocopenさん、コメントありがとうございます。
「味スタ」近辺ですね。
自分は「土方俊三」近辺です。

お尋ねの件ですが、マスキングには「メタルック」を使用しております。
2枚目の画像に写っているシルバーのマスキング。
極薄のアルミ箔に糊が着いている物で、曲面にも良く馴染み、窓枠もはっきりと見えるので切り出し易く、最近はこればかり使っています。
その他には、セロハンテープも使っています。
剥がす際には、窓枠に沿って、もう一度デザインナイフで軽く切り込みを入れるとふちが綺麗に出せます。
一度試してみてください。
日の丸航空隊
2015/06/02 04:33
なるほどです。
pocopen
2015/06/02 22:46
pocopenさん、コメントありがとうございます。
窓枠より大きめに切り出して、台紙を剥がしますが、ちぎれやすいので注意してください。
台紙から剥がして窓枠に軽く押し当て、綿棒で擦って密着させます。
凹凸のモールドがハッキリ見えてくるまでしっかりと擦ってね。
枠が見えてきたら、良く切れるデザインナイフで枠に沿って切り込みを入れ、余りを剥がせばマスキング終了です。
ふちがめくれてくるときもあるので、その時は綿棒でもう一度馴染ませてください。
日の丸航空隊
2015/06/03 04:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハセガワ1/72 屠龍丙型 2 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる