日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/72 97式艦上攻撃機 2

<<   作成日時 : 2015/02/17 16:29   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

今朝、雪が降りましたが、本降りにならなくて良かったです。

97艦攻の続きです。
コックピット内部を組み立てました。
思っていた以上に、パーツがピッタリと嵌って、気持ちが良かったです。
画像


コックピットの機体への取り付けは、ガイドが一切無いので、主翼下面パーツの照準窓との位置を見ながら慎重に決め、Tの字になりました。
画像


操縦席後方の「ロールバー」が無かったので、0.3mmプラ板を切り出して作ってみました。
画像

ロールバー後方の四角い穴は、「クルーシーアンテナ」用の穴で、ここにはタミヤの零戦で使わなかったパーツを付ける予定です。

エンジンナセルは、機体上面から見たときに外側に出っ張ってしまうので、機体と面一になるようクリップで強制的に絞りながら接着しました。
画像


ナセルの接着乾燥を待っている間に、主翼の整形をおこないました。
翼端灯は、キットの透明パーツのランナーを利用してクリアー化してみました。
日本軍機の翼端灯は、大抵が「色付きガラス」だったようなので、わざわざクリアー化させなくても良かったのですが・・・・
画像

画像


主翼左側に「空気取り入れ口」?の穴が無かったので、0.6mmピンバイスで開口しておきました。
画像


と言ったところで、今回はここまでです。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
古いキットなのにコクピットがパチピタとは凄いですね。
翼短灯はやはりクリアー化した方が塗装で誤魔化すより実感が出ると思いますが、私なんかはその時の気分で誤魔化しちゃうときもあります(笑)
ヒロシ
2015/02/18 00:18
ヒロシさん、気持ち玉ありがとうございます。
今回、翼端灯が大きかったので、暫くぶりで「やってみよう」となったわけです。(笑)
バルクヘッドにぐらつきもなく、しっかり直角が出たのには感心しました。
旧マニア社もさることながら、当時の金型師さんの技術が秀逸だったのですね。
日の丸航空隊
2015/02/18 04:44
くどすぎずさりとて流しすぎず、いい感じのDUPされていますね。
そういえばこのキットで操縦席のロールバー付けたことなかったかも・・・。

あ、クリアーパーツのキャノピーの辺縁どうなっていますか?
荒れていなければいいんですが。
シミヤン
2015/02/18 21:12
シミヤン様、コメントありがとうございます。
最初、ここは「知らん顔」するつもりでしたが、悩んだ挙げ句、つけることにしました。
キャノピーの辺縁は荒れているので、どうしようかと考え中です。(笑)
日の丸航空隊
2015/02/19 04:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハセガワ1/72 97式艦上攻撃機 2 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる