日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Bf109対決 タミヤVSエアフィクス 4

<<   作成日時 : 2014/09/05 16:09   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

晴れるのか曇りなのか何かはっきりしないお天気です。
その上、蒸し暑いときたね。

メッサーは主翼組み立てをしました。(前回の予告通りでしたね。)

先ずは「主脚庫」の比較から。
画像

奥:エア、手前:タミヤです。
脚庫自体は両社とも、主翼上面裏側に脚庫の天井部分がモールドされています。
脚柱取り付け部分は、エアは取り付け用の「ホゾ」が下面側に開けられています。
タミヤは取り付け用の「ホゾ」が主翼上面に付けられています。
そのため、脚柱基部に穴が開いてしまい、そこからコックピットの床下が見えてしまいます。

そこで、以前E-3を作ったときの要領で、機体内側にプラ板を貼って、目隠しとしました。
画像


補助翼に有るはずの「タブ」がエアの方には無いので、ここもプラ板の細切りを貼って、「タブ」を作りました。
画像

画像


主翼下面にある「ラジエター」は、タミヤは一体モールド、エアは別パーツでの表現になっています。
エアの「ラジエター」入り口のパネルが分厚かったので、薄く仕上げました。
画像

画像

およそ半分くらいの厚みになるように、デザインナイフで「カンナがけ」をしました。

画像を撮り忘れています。 
主翼の合わせは、タミヤはピタパチで文句なしに決まりましたが、エアの方は、どういう訳か接着面を整えたり摺り合わせをしたりしても付け根付近に隙間が出来てしまいます。
接着後「溶きパテ」で埋めて成形しました。
また、機体との合わせも、ピタパチタミヤに対して、エアの方はきつすぎて入らず、入っても「上半角」がマイナスになってしまいます。
フィレット部や主翼上面パーツのエッジを削って、何とか入るようにしました。

そうやって苦労した結果がこちらです。
画像

左:エア、右手前:タミヤです。
ようやく「十の字」になりました。
エアの方の上半角がまだ足りないようですが、このままいきますです。

今回はここまでです。
そろそろ塗装したくなってきたので、次回は塗装ですね。

でわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
もう士の字ですか?
ウチのもキャノピーだなんだ拘らなきゃ
もう塗装に入ってた気が・・・・・。

がんばって下さい〜。
JW
2014/09/06 09:05
JWさん、コメントありがとうございます。
まだ、「十の字」ですよ。
「士の字」は塗装後になります。
2機とも違う塗装なので、ややこしい限りです。
塗装頑張ります。
日の丸航空隊
2014/09/06 10:21
タミヤはパーツ数を少なくし作業の簡略化を狙っているのが分かりますね。
もっとも素組みの場合ですが(笑)
パーツのバチピタも工業製品としては超一流というところでしょうか。
エアフィックスのほうは小物パーツ加工や合いという面では処理が必要ですけど
出来上がった時の雰囲気のとらえ方って最高で済んで
こちらは芸術家肌とでも言うんでしょうかね〜。
シミヤン
2014/09/07 09:33
最高で済んで→最高ですんで
(投稿前にちゃんと読み返せばいいんですが・・)
シミヤン
2014/09/07 09:34
シミヤン様、コメントありがとうございます。
>最高で済んで・・・気になさらないでください。
自分も結構やらかしてますので。(笑)

タミヤのキットは、万人向けですね。
SHSで、タミヤの社員の方が「うちは、誰もが楽しく、簡単に取り組めるように心がけています。」と仰っていましたが、その通りだと思います。
エアの方は、簡イ的な部分が色濃く残っていて、パーツの処理などは丁寧にやらないとなりませんね。
日の丸航空隊
2014/09/07 10:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
Bf109対決 タミヤVSエアフィクス 4 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる