日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS フジミ1/72 10(ヒトマル)式戦車 #2

<<   作成日時 : 2014/09/26 16:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

皆さんこんにちは。

10(ヒトマル)式戦車は、転輪及びサイドスカートの製作に入りました。
ここが終われば塗装に入れますので、頑張りました。

先ずは転輪です。
転輪は、ダブル転輪で10輪、合計20個あります。
金型からの抜きの関係で、軽いテーパーが付いているので、全ての転輪のテーパー均しをしました。
画像

画像

1個約8〜9mm径くらいの転輪ですので、途中飽きがきてしまい困りました。

内側の転輪を車体に取り付け、サフを吹いた上からMr.カラー29番「艦底色」をスジ彫りや凹凸部分に吹いて、影色らしきものにしてみました。
画像


砲塔に基本色を試し吹きをしていて、砲塔後部の「バスケット」を組んでいないことに気が付き、組み立て、取り付けをおこないました。
画像

画像

画像

細いパーツの箱組みでしたが、歪むことなくきちんと組むことができました。
取り付けもストレスなく出来ました。

次は、サイドスカートです。
パーツは光が透けるくらい薄く成形されています。
画像

サフを吹いたときに右側のスカートに「?」なスジが入っているのに気が付きました。
画像

試作車や量産車の写真を見てもこの様なスジは無かったので、パテで埋めることにしました。

折角パーツが薄くされているのに、スカートゴム部分の切れ込みがスジ彫り表現でしかなかったので、ノコで切れ込みを入れてみました。
画像

ゴムのウネウネが生きてきたかな?

先ほど、砲塔の試し吹きをした色は、Mr.カラー特色「陸上自衛隊戦車色」の「濃緑色3414」を使ったのですが、72サイズには少々暗くなってしまうと感じたので、止めました。
サフと艦底色を塗り直しました。
画像

120mm自走高射砲! ではなく、塗料で「防盾」が固着してしまうのを防いでるだけでした。

今回は「塗り直し」なんて言うことをやってしまったので、ここまでです。
次回は塗装に入りたいですね。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
え”!いつのまにペトリオットが10式戦車になったんですか?
しかも足回りも終わって塗装までですか。
早すぎます〜(笑)

戦車のネックはこの転輪処理だと私は思っています。
キャタピラが1個1個ランナーについてパーツになっているというのも困りものですが。

製作中を拝見するとバスケットの抜けがいいですね。
こりゃ作る予定があるなら金型疲弊前に購入必要ですね。
シミヤン
2014/09/26 21:56
この足回りを組むところを想像するだけで戦車は
難しそうに感じます。昔は、リモコン戦車をいっぱい
作って走らせたのにね。

しかも、キャタピラ組んだりとか。
こわいこわい。

taki
2014/09/26 22:30
シミヤン様、コメントありがとうございます。
そうなんです。
え”なんです。
キャタピラは板状のパーツが4枚と起動輪に巻き付くパーツが4つと至って簡単な構造です。
舗装路通行用のゴムパッドは1つ1つになっていますが、使わないので楽チンです。

バスケットの抜けはいいですよ〜。しかもカチッと組めます。
作る予定がございましたら、是非積んでおいてください。
日の丸航空隊
2014/09/27 07:48
takiさん、コメントありがとうございます。
足回りは、このサイズですから至って簡単です。
転輪のテーパー落としが面倒なくらいで、後はパチパチ組めます。
キャタピラも↑でコメントしてあるように組みやすいです。
全然怖くないですよ。
日の丸航空隊
2014/09/27 07:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
フジミ1/72 10(ヒトマル)式戦車 #2 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる