日の丸航空隊の模型日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アカデミー1/72 P-47D サンダーボルト 2

<<   作成日時 : 2014/08/02 17:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

も〜暑すぎて、言葉が出ません。

ポルシェと並行して作っているサンダーボルトでが、コックピットや主翼の作業に入りました。
(「ポルシェとサンダーボルト、どっちを見ればいいんだ!」などと言わずに楽しんで見ていってください。)

先ずは、コックピットからです。
パーツは、7パーツからなっています。
シートベルトには、前回マスタングでも使った、和巧社の「紙創り」です。
メーターはモールドが施されていたので、ドライブラシでおしまい。
画像


次に、コックピット側壁の塗り分けです。
詳しい資料が無いので、適当にそれっぽく(いつもこればっかです。
画像


機首下部にある、空気排出口が塞がっていたので、ピンバイスで開口してあげる予定です。
画像


この時点でやっておかないと後が辛くなりそうな主翼関係の残りの工作をしました。
着陸灯は凸ポッチが寂しくついているだけだったので、貫通させないようにピンバイスでザグリを入れました。
画像

画像


翼端灯もモールド表現だったので、ラインに沿って切り取りました。
画像


主翼を貼り合わせ、成形後に翼端灯を「UV硬化透明レジン」で電球は0.5mmプラ○棒で作りました。
画像

画像

透明カバーがまだ曇っていますが、最後にクリアーを吹いて透明度を戻したいと思っています。

コックピットもできたので、機体に組み込み「Tの字」にしました。
画像


長々とお付き合いありがとうございました。

それでは、今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

最近は塗りでごまかしてるような、翼端灯。
昔は自分もちゃんと透明化してたような・・・・。

コクピット、最近ベルト以外は
段々気にしなくなってきてます・・・・・・。
JW
2014/08/03 23:49
並行製作されているんですね。
P-47はアカデミーですか。
随分昔に作ったような記憶がありますが
当時は全て素組み・・でも変な苦労はしなかったような・・・
あ、デカール薄いかも・・これはアカだとお約束?
シミヤン
2014/08/04 00:45
JWさん、コメントありがとうございます。
日本機なら塗りでごまかせますが、欧米機は透明カバーが多いので・・・
コックピットは、自分でもベルト以外はあまり気にしなくなってきました。(笑)
日の丸航空隊
2014/08/04 04:48
シミヤン様、コメントありがとうございます。
どちらかの作業が「待ち」になったときに少しずつやっています。
プラ素材が柔らかいので、事後変形も考えられますね。
デカールは薄いように見えます。
下地が透けなければいいのですが。(汗)
日の丸航空隊
2014/08/04 04:53
翼端灯は透明にしたいですね UV硬化透明レジン
は知らなかったので一度探してみます
 着陸灯の座繰りは ピンバイスの先のVは
平面にしてあるのですか? 細かい所まで
手がかかっています 車はあまり解らないので
こちらを見せていただきます。
あきみず
2014/08/05 21:08
あきみず様、ありがとうございます。
欧米機は透明カバーが多いので、クリアー化はしたいですね。
UV硬化レジンは、手芸屋さんなどに置いてあるので、探してみてください。
ピンバイスは極々普通の物です。(汗)
いつでもドンドン見に来てください。(笑)
日の丸航空隊
2014/08/06 13:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカデミー1/72 P-47D サンダーボルト 2 日の丸航空隊の模型日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる